日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > テリー伊藤、鈴木杏樹不倫は擁護

同じ不倫なのに? テリー伊藤、鈴木杏樹は擁護して東出昌大はメッタ斬りだったワケ

文=日刊サイゾー

そもそもテリー伊藤が不倫疑惑で記者の直撃を受けていた?

 とはいえ、鈴木の擁護については、「急に日和ったの?」「いつもの逆張り」「今時芸の肥やしって言うことが古臭い」「テリーの擁護は意味不明」「老害すぎて聞く意味なし」といった声がネット上で飛び交っている。

「そもそもテリー自身が2013年に、愛人疑惑を報じられていますからね。当時50代だった女性と20年近い付き合いであることを週刊誌にスッパ抜かれ、記者の直撃を受けてしどろもどろとなっていました。不倫について全否定すれば、自分にブーメランとなるのがわかっているので、時と場合によって“擁護派”に回るしかないのでしょう」(週刊誌記者)

 テリーのような不倫擁護コメンテーターに守られることで、鈴木にも復活の芽が生まれるかもしれない。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/02/10 10:30
12

同じ不倫なのに? テリー伊藤、鈴木杏樹は擁護して東出昌大はメッタ斬りだったワケのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

タッキー革命新章突入!? ジャニーズはどうなる?

不祥事タレントを容赦なく切り捨て、Jr.の年齢制限まで勃発…ジャニーズはどうなる!?
写真
人気連載

変態夫婦の純愛物語『クラッシュ 4K』

 エロスとタナトスが交差する瞬間、人間はかつ...…
写真
インタビュー

般若、ドキュメンタリー映画を語る

 般若。その名に恥じぬ気迫とキャリアを積み上げてきたラッパーは、人のマイクを勝手に奪...
写真