日刊サイゾー トップ > 芸能  > ローラとテリーよりヤバいにこるん

テリー伊藤がローラの「辺野古発言」を擁護して2次炎上! 本当にヤバいのは藤田ニコルだった

テリー伊藤

 うかつにクビを突っ込むと“炎上案件”となりそうだ。

 12月23日放送の『サンデージャポン』(TBS系)に出演したテリー伊藤が、沖縄・辺野古問題に関する発言で注目を浴びるローラを擁護したことで、ネット上で“フルボッコ”となっている。

 ローラは12月18日のインスタグラムで、「美しい沖縄の埋め立てをみんなの声が集まれば止めることができるかもしれないの」と、普天間飛行場の辺野古への移設工事を止めるようフォロワーに訴え、署名を呼び掛けていた。

「この件については、ローラが代案を示さなかったことで批判が殺到していました。番組でもデーブ・スペクターが『海がキレイって誰でも言える』と批判したほか、西川史子も『辺野古についてはなんの解決策も言ってない』と苦言を呈しました。一方、テリーはCMタレントのローラが辺野古の問題に関して言ったことについて『勇気がある』と称賛。『この程度の発言でコマーシャル降ろす会社って何なの?』と持論を語り、一時は三者の声がかぶって何を言っているのかわからなくなる大激論となりました」(テレビ誌ライター)

 もともとこの件については賛否あったものの、テリーの発言については反対意見の人が多いようで、ネット上ではアンチたちが“叩きコメント”を連打。中には「テリー伊藤を芸能界から追放すべき」という過激な文言も見受けられる。週刊誌記者がアンチたちの声をまとめて解説してくれた。

「政治的発言がダメなのではなくて、『発言の影響力が大きいのに考えが浅い』というのがローラを批判する人たちの代表的な意見となっています。以前から政治発言を匂わしていたというなら話は別ですが、ローラは“おバカキャラ”でブレークしたタレント。今後、的外れなコメントをする可能性もありますから、スポンサーの腰が引けたとしても無理はない。そもそもCMは出演タレントが嫌われれば、クライアントにまで被害が及ぶものですから、降ろされることはありえる話です。ギャラをもらっているスポンサー側に『なんなの』と悪態をついたテリーの姿勢もやり玉に挙げられています」

 ともあれ、一番ヤバかったのは「ローラさんのつぶやきがきっかけで私も知ることができた」と、辺野古問題を初めて知ったという藤田ニコルかもしれないが……。

最終更新:2018/12/27 19:30

テリー伊藤がローラの「辺野古発言」を擁護して2次炎上! 本当にヤバいのは藤田ニコルだったのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディション結果発表

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
人気連載

『死霊館 悪魔のせいなら、無罪。』レビュー

 超常現象の研究家として知られた米国人夫婦ロ...…
写真
インタビュー

女優・小川未祐の“私がキマる瞬間”

 『闇のカーニバル』(1982年)や『ロビンソンの庭』(87年)など、独創的な作品で常...
写真