日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > 亮はつまらないから許された?

大﨑会長も復帰に太鼓判!? ロンブー田村亮が許されたのは「つまらない芸人」だからか

文=日刊サイゾー

 これほど明暗が分かれた理由はなんだったのか?

 2月7日発売の「FRIDAY」(講談社)が、吉本興業の大﨑洋会長を直撃。闇営業問題で吉本と袂を分かったロンドンブーツ1号2号の田村亮と雨上がり決死隊の宮迫博之について話を聞いている。

「ロンブー亮は1月30日に相方の田村淳とともに復帰会見を開き、記者から温かい拍手で迎えられるなど、すっかり許された印象。淳が立ち上げた会社を窓口に吉本とはエージェント契約を結ぶこととなりましたが、大﨑会長は『最初はエージェント契約でも、すぐに吉本とのマネジメント契約に戻るんちゃう?』と語り、2月中旬にもテレビ局と復帰についての話を始めると明言しています。一方の宮迫は1月29日に突如としてYouTuberデビューして世間を驚かせたものの、テレビ復帰の目処はまったく立っていません。大﨑会長も宮迫の動画は見ていないといい、亮との温度差を感じさせました」(週刊誌記者)

12

大﨑会長も復帰に太鼓判!? ロンブー田村亮が許されたのは「つまらない芸人」だからかのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

イチオシ企画

『LINE LIVE×雑誌サイゾー』グラビアモデルコンテスト2022開催!

『LINE LIVE』と『雑誌サイゾー』がコラボ「グラビアモデルコンテスト2022」開催
写真
特集

『鎌倉殿の13人』ドラマと史実の交差点

小栗旬、大泉洋、小池栄子、新垣結衣ら豪華キャストが出演、三谷幸喜作の大河ドラマと史実の交差点を読み解く
写真
人気連載

海老蔵、梨園での孤立ぶり際立つ

 13代目・市川團十郎白猿襲名公演の開催が延...…
写真
インタビュー

初開催で約2000人来場

 大阪湾に注ぐ木津川に面した、無骨な一帯。そこに前衛的であり、しかし前時代的とも称...
写真