日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 『ねほぱほ』マッチング第2弾も自爆
『ねほりんぱほりん』レビュー

『ねほりんぱほりん』マッチングアプリ第2弾は“ヤリ目”の印象を一層強める結果に……

文=寺西ジャジューカ(てらにし・じゃじゅーか)

 2月5日に放送された『ねほりんぱほりん』(NHK Eテレ)のテーマはマッチングアプリ。実は、同番組がこのテーマを扱うのは2度目である。

 昨年10月、初めてマッチングアプリを取り上げた放送回では、本命彼氏がいながら遊び相手を探すためにアプリに登録し、「7本同時」に男性と交流した女性が体験談を語るなど、その内容はかなり過激なものだった。すると、放送後には「切実に結婚がしたくてマッチングアプリ使っているのに、周囲からは“ヤリ目”だと思われてしまった」「マッチングアプリに対する偏見を強めるような内容で残念」といったお叱りの声が番組に殺到。

 だから、今回は仕切り直しである。アプリで真剣に婚活する人をゲストに招いての“マッチングアプリ完結編”が放送されたというわけだ。

「独身だ」と身分を偽る既婚男ばかり

 1人目のゲスト・アユミさん(32歳)がマッチングアプリを始めたのは、4年前の28歳の頃。大学時代の元カレが結婚したという噂を聞き、焦りを感じて登録したそうだ。つまり、彼女は初めから結婚を意識していたのだ。

「入会すると初日から100人くらい“いいね!”が来て、ドクターフィッシュかな? みたいな(笑)」(アユミさん)

 彼女が初めて会った同業他社の男性は、実は既婚者だった。初っ端からだまされたアユミさん。ドクターフィッシュは雑魚だったのだ。気を取り直して今度は消防士の男性と出会うと、その彼はなんとFacebookのアイコンを我が子とのツーショットにしていた……。

「消防士のくせに炎上の香りがするっていう……」(山里亮太)

 既婚男性は、なぜ独身のふりをしてマッチングアプリに登録するのか? 恐らく、理由は複数ある。妻子がいるので、合コンや婚活パーティには顔を出しづらい。身近な女性と関係を持つと、足がつきやすくなる。だから、アプリで関係性の遠い女性とつながろうとする。そんなところだろう。

 婚活女子が餌食になりやすいのは、彼女たちが真剣に相手を探しているため。だから、ヤリ目の男からすると手っ取り早い。そして、独身のふりをする……という構図だと思う。

 アユミさんはアユミさんで対策を練り始めた。“既婚者を見極める5つの方法”を編み出したのだ。

(1)本名を聞きFacebookで検索
(2)土日にデートの約束
(3)夜に電話をかける
(4)結婚してるかズバリ聞く
(5)実家暮らしか確認

 この5つがあればバッチリな気もするが、それでも出会った男性の4人に1人は既婚者だった。細心の注意を払っても、25パーセントは妻帯者なのだ。

123

『ねほりんぱほりん』マッチングアプリ第2弾は“ヤリ目”の印象を一層強める結果に……のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る
トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

「クリティカル・クリティーク 」気鋭の文筆家によるカルチャー時評

フィメール・ラッパーをはじめ、さまざまなカルチャーにまつわる論考を執筆気鋭の文筆家・つやちゃんによるカルチャー時評
写真
特集

元関係者語るボイメン平野

 今年の5月22日にKing & Prince(以下:キンプリ)脱退、そしてジャニーズ事務所を退社することが決まっている平野紫耀。  2022年1...…
写真
人気連載

『どうする家康』服部半蔵は忍者ではない

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
UPCOMING

クリエイティブな次世代モデル・MONICA

 アップカミングなあの人にインタビューする連載「あぷ噛む」。第1回目は、モデルのMONICAにインタビュー。11月とは思えないほど暖かいある日の昼...…
写真