日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 向井理爆死で連ドラ主演は見納め

もはや打ち切り圏内!? 向井理、『10の秘密』が“壮絶爆死”で連ドラ主演は見納めか

文=田中七男

制作のカンテレも主演が向井、ヒロインが仲間で5~6%台は想定外か?

「『10の秘密』を制作するカンテレ(関西テレビ)にとっては、主演が向井、ヒロインが仲間という豪華コンビで、さすがに5~6%台という低視聴率は想定外だった。これまでの数字の推移からして、ここから大きく巻き返す可能性は低いので、“打ち切り”も覚悟しなければならないでしょう。向井自体に役者としての需要がないわけではありませんが、『向井は脇役向き』との業界評も聞かれますし、地上波プライム帯の連ドラで主演する姿は、これで“見納め”になるかもしれませんね」(テレビ制作関係者)

 “主役級俳優”への復活を懸けた向井だが、『10の秘密』の爆死で、かえって赤っ恥をかく事態になってしまった。ここは割り切って、当分は脇役に徹するのが無難なのかもしれない。

最終更新:2020/02/15 12:00
12

もはや打ち切り圏内!? 向井理、『10の秘密』が“壮絶爆死”で連ドラ主演は見納めかのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

番組改革大失敗!?『バイキング』のやばい裏側

数々のタレントや実業家と浮名を流してきた石原さとみがついに結婚! お相手はやっぱりただの“一般人”じゃなかった?
写真
人気連載

ビル・バーが訴える “ウォークカルチャー”の危うさ

 今回も10月10日放送された人気番組『サタ...…
写真
インタビュー

末吉9太郎が語る自粛中のオタク

 新型コロナウイルス感染拡大に伴い、「自粛」の名の下にエンタメ界ではコンサートやイベ...
写真