日刊サイゾー トップ > 社会 > 政治・経済  > 総理番記者の新型肺炎“感染疑惑”

政府の発表はまだか!? 総理番記者の新型肺炎“感染疑惑”と官邸の欺瞞

文=日刊サイゾー

イメージ画像

 大手紙政治部記者は2月19日、神妙な顔付きで周囲を伺いながら「安倍晋三首相も、新型肺炎(コロナウイルス)に濃厚接触した可能性がある」と小声で呟いた。

「一部既報の通り、事の発端は、先日、都内のタクシー運転手が新型コロナウイルスに感染したことが判明したこと。運転手との濃厚接触者をたどって行くと、ある大手報道機関の”総理番”が使うハイヤー運転手に行き着いた。どうやら、このハイヤー運転手もコロナに感染していたらしい」

 総理番とは首相官邸に詰めたり、安倍首相に密着したりして、首相の動静を確認するのがミッション。このため、総理番に選ばれた若い記者は、特権的に黒塗りハイヤーを使用することが許され、一日の多くの時間をハイヤーの中で過ごす。

12

政府の発表はまだか!? 総理番記者の新型肺炎“感染疑惑”と官邸の欺瞞のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

志村けん急逝――悲しみ広がる

お笑い界のレジェンドが残した偉大な功績の数々を振り返る!
写真
人気連載

たけし&志らく女性に周囲が迷惑

 新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、各...…
写真
インタビュー

人間の本性としての暴力と協力

――人間はどこから来たのか 人間は何者か 人間はどこに行くのか――。最先端の知見を有...
写真