日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 在阪女子アナ、成功例は川田裕美

ハンデを負った在阪テレビ局出身のフリー女子アナ、芸能界で成功するカギは「川田裕美」か

文=日刊サイゾー

セント・フォース公式サイトより

 昨秋に毎日放送を退社、フリーに転身した豊崎由里絵アナウンサーが、1日より大手芸能事務所の「アミューズ」に所属して活動していることがわかった。

 在阪テレビ局関係者は「これまで、ダウンタウンの浜田雅功と共演する全国ネット番組『プレバト!!』、ローカル番組でも明石家さんまと共演するなど、在阪テレビ局所属のアナウンサーながら、バラエティーの大物MCとの共演は豊富。本人的にはもっと待遇がよくなるよう目指すべく、退社を決断したようだ」と明かす。

 だが、フリー転身が甘くないのは周知の事実。

「過去、同局では同じように退社した吉竹史アナがその後、セント・フォースに所属。早朝の『Oha!4 NEWS LIVE』(日本テレビ系)やNHKのBSで、Jリーグのハイライト番組のキャスターに起用されましたが、フリー転身から5年が経過した今は、BSチャンネルでレギュラー1本と寂しい限り。豊崎アナもいくらバラエティー番組が得意といっても、関西エリアでの実績。そこを勘違いしていないかが心配ですね」(前出の関係者)

12

ハンデを負った在阪テレビ局出身のフリー女子アナ、芸能界で成功するカギは「川田裕美」かのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

番組改革大失敗!?『バイキング』のやばい裏側

数々のタレントや実業家と浮名を流してきた石原さとみがついに結婚! お相手はやっぱりただの“一般人”じゃなかった?
写真
人気連載

菅内閣が目指す「恐怖政治」「警察国家」

今週の注目記事・第1位「コロナワクチンを娘や...…
写真
インタビュー

『パラサイト』ポン・ジュノ登場!

 現実に起きた連続猟奇殺人事件を題材にした『殺人の追憶』(03年)、泣ける怪獣映画『...
写真