日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 在阪女子アナ、成功例は川田裕美

ハンデを負った在阪テレビ局出身のフリー女子アナ、芸能界で成功するカギは「川田裕美」か

文=日刊サイゾー

セント・フォース公式サイトより

 昨秋に毎日放送を退社、フリーに転身した豊崎由里絵アナウンサーが、1日より大手芸能事務所の「アミューズ」に所属して活動していることがわかった。

 在阪テレビ局関係者は「これまで、ダウンタウンの浜田雅功と共演する全国ネット番組『プレバト!!』、ローカル番組でも明石家さんまと共演するなど、在阪テレビ局所属のアナウンサーながら、バラエティーの大物MCとの共演は豊富。本人的にはもっと待遇がよくなるよう目指すべく、退社を決断したようだ」と明かす。

 だが、フリー転身が甘くないのは周知の事実。

「過去、同局では同じように退社した吉竹史アナがその後、セント・フォースに所属。早朝の『Oha!4 NEWS LIVE』(日本テレビ系)やNHKのBSで、Jリーグのハイライト番組のキャスターに起用されましたが、フリー転身から5年が経過した今は、BSチャンネルでレギュラー1本と寂しい限り。豊崎アナもいくらバラエティー番組が得意といっても、関西エリアでの実績。そこを勘違いしていないかが心配ですね」(前出の関係者)

12

ハンデを負った在阪テレビ局出身のフリー女子アナ、芸能界で成功するカギは「川田裕美」かのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

イチオシ企画

『LINE LIVE×雑誌サイゾー』グラビアモデルコンテスト2022開催!

『LINE LIVE』と『雑誌サイゾー』がコラボ「グラビアモデルコンテスト2022」開催
写真
特集

『鎌倉殿の13人』ドラマと史実の交差点

小栗旬、大泉洋、小池栄子、新垣結衣ら豪華キャストが出演、三谷幸喜作の大河ドラマと史実の交差点を読み解く
写真
人気連載

「部落問題」を明るく語り合う実録映画

 マスコミタブーのひとつ、よく分からないから...…
写真
インタビュー

ラッパーKOWICHIの心の内

 川崎市生まれ、ラップデュオ〈enmaku〉としての活動を経た2012年にソロデビュ...
写真