日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 長谷川博己差し入れセンスが微妙

米倉涼子とは全然違う!? 『麒麟がくる』長谷川博己の差し入れセンスが微妙で、現場に重苦しい空気も?

文=日刊サイゾー

NHK公式サイトより

 視聴率が振るわないのは、主役が現場を盛り上げられていないから?

 長谷川博己が主演するNHK大河ドラマ『麒麟がくる』第5話が2月16日に放送され、平均視聴率が13.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)だったことがわかった。同ドラマは初回19.1%と好スタートを切ったが、以降は右肩下がりが続いている。

 そんな数字の低迷ぶりと併せて、収録現場の雰囲気が重苦しいという。その要因として挙げられているのが、長谷川の差し入れだ。

「ドラマ収録現場への差し入れといえば、これまで有名店の銘菓や地方の名産品など、その一品の豪華さが報じられることが多かった。しかし、長谷川の場合、ビールやバナナなど、とにかく“センスがない”ともっぱらなんです。現場では川口春奈と門脇麦が険悪なムードを醸していて、どうやら長谷川はそっちに気を取られているようですね。2人への差し入れは常に同数を用意し、会話する時間も均等になるよう気を使っている。どうやら交際相手である鈴木京香のアドバイスのようですが……」(スポーツ紙記者)

 長谷川の差し入れセンスが比較されてしまっている相手は、芸能界の“差し入れ女王”と呼ばれる米倉涼子だ。

12

米倉涼子とは全然違う!? 『麒麟がくる』長谷川博己の差し入れセンスが微妙で、現場に重苦しい空気も?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

「クリティカル・クリティーク 」気鋭の文筆家によるカルチャー時評

フィメール・ラッパーをはじめ、さまざまなカルチャーにまつわる論考を執筆気鋭の文筆家・つやちゃんによるカルチャー時評
写真
特集

元関係者語るボイメン平野

 今年の5月22日にKing & Prince(以下:キンプリ)脱退、そしてジャニーズ事務所を退社することが決まっている平野紫耀。  2022年1...…
写真
人気連載

TKO・木本、謝罪会見で復活アピールも…

 昨年7月、7億円の投資トラブルが発覚して、...…
写真
UPCOMING

クリエイティブな次世代モデル・MONICA

 アップカミングなあの人にインタビューする連載「あぷ噛む」。第1回目は、モデルのMONICAにインタビュー。11月とは思えないほど暖かいある日の昼...…
写真