日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 長谷川博己差し入れセンスが微妙

米倉涼子とは全然違う!? 『麒麟がくる』長谷川博己の差し入れセンスが微妙で、現場に重苦しい空気も?

文=日刊サイゾー

NHK公式サイトより

 視聴率が振るわないのは、主役が現場を盛り上げられていないから?

 長谷川博己が主演するNHK大河ドラマ『麒麟がくる』第5話が2月16日に放送され、平均視聴率が13.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)だったことがわかった。同ドラマは初回19.1%と好スタートを切ったが、以降は右肩下がりが続いている。

 そんな数字の低迷ぶりと併せて、収録現場の雰囲気が重苦しいという。その要因として挙げられているのが、長谷川の差し入れだ。

「ドラマ収録現場への差し入れといえば、これまで有名店の銘菓や地方の名産品など、その一品の豪華さが報じられることが多かった。しかし、長谷川の場合、ビールやバナナなど、とにかく“センスがない”ともっぱらなんです。現場では川口春奈と門脇麦が険悪なムードを醸していて、どうやら長谷川はそっちに気を取られているようですね。2人への差し入れは常に同数を用意し、会話する時間も均等になるよう気を使っている。どうやら交際相手である鈴木京香のアドバイスのようですが……」(スポーツ紙記者)

 長谷川の差し入れセンスが比較されてしまっている相手は、芸能界の“差し入れ女王”と呼ばれる米倉涼子だ。

12

米倉涼子とは全然違う!? 『麒麟がくる』長谷川博己の差し入れセンスが微妙で、現場に重苦しい空気も?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

『鬼滅の刃』はジブリ超え大ヒットになるか?

アニメ映画『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』の興収が公開10日間で100億円突破で『千と千尋の神隠し』超え!?
写真
人気連載

嵐・大野「口止め誓約書」で思い出される悲劇

 活動休止まで残り2カ月となった国民的アイド...…
写真
インタビュー

コント職人が集結の極上ユニット

 しずるとライスとサルゴリラの同期芸人たちがユニットを組んで新たに「メトロンズ」とし...
写真