日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 熾烈な日8戦争はどうなる!?

熾烈な“日8”戦争はどうなる!? 『ポツンと一軒家』と『麒麟がくる』をめぐる視聴動向が明らかに

文=田中七男

 日曜午後8時台の各局による視聴率争奪戦は熾烈を極めているが、依然強さを発揮しているのが『ポツンと一軒家』(テレビ朝日系)で、23日は18.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区・以下同)をマークして、4回連続で横並びトップを守った。

 一方、1月19日の初回では19.1%の高視聴率を記録したNHK大河ドラマ『麒麟がくる』(長谷川博己主演)の第6話は13.8%で、『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)の13.4%をかわして、第2話(1月26日)以来、4週ぶりに『イッテQ』の上をいって同時間帯2位に浮上した。

『麒麟がくる』は好発進したものの、第2話以降、17.9%→16.1%→13.5%→13.2%と右肩下がりが続いていたが、第6話にして初めてのアップで、ようやく下げ止まった。今後も『イッテQ』と激しい“2位争い”を繰り広げることになりそうだ。

 ここでおもしろいデータがある。ビデオリサーチ社が発表している「タイムシフト(録画再生)視聴率」によると、9日は『麒麟がくる』が8.6%、『ポツンと』は2.5%。リアルタイムとタイムシフトを合わせた「総合視聴率」では、『麒麟がくる』が21.6%で、『ポツンと』の19.7%を制しているのだ。

 翌週の16日も、「タイムシフト視聴率」は、『麒麟がくる』が6.9%で、『ポツンと』の2.1%に大差をつけている。「総合視聴率」は、『ポツンと』が20.2%で、『麒麟がくる』の19.4%を上回っている。

 ちなみに、『イッテQ』の「タイムシフト視聴率」は9日がトップ10圏外、16日は3.8%となっている。

 これらの数字を勘案すると、“日8戦争”において、“リアルタイム”での視聴に関しては、『ポツンと』が独走。“録画再生”では、『麒麟がくる』が断トツのトップになっているわけだ。

12

熾烈な“日8”戦争はどうなる!? 『ポツンと一軒家』と『麒麟がくる』をめぐる視聴動向が明らかにのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

番組改革大失敗!?『バイキング』のやばい裏側

数々のタレントや実業家と浮名を流してきた石原さとみがついに結婚! お相手はやっぱりただの“一般人”じゃなかった?
写真
人気連載

NiziU 快進撃の裏にあった鬼教官動画

 メンバー決定から4カ月が経った『Nizi ...…
写真
インタビュー

若者へのドリーム・ハラスメント

「夢を持て」とよく言われる。しかし、夢を叶えられる人ばかりではないし、社会経験もない...
写真