本多圭の「芸能界・今昔・裏・レポート」

水谷豊はどう決断!? 「相棒」シリーズの“3代目女将”に浮上した大物女優3人の名前

水谷豊と伊藤蘭

 テレビ朝日系の人気ドラマシリーズ『相棒』。3月で終了するSeason18は、前シーズンまで小料理屋「花の里」2代目女将を演じていた女優・鈴木杏樹が降板したため女将不在だったが、次のシーズンには、“3代目女将”候補として、俳優の妻2人の名前が浮上しているという。

「Season18は女将なしで乗り切りましたが、やはり、刑事ドラマには、息抜きになる小料理屋の女将の存在が不可欠です。そこで、次のシーズンでは、3代目女将を復活させるようですが、その候補に水谷の妻である伊藤蘭と反町の妻である松嶋菜々子の名前が挙がっているんです」(テレ朝ドラマ関係者)

 主演を務める水谷は、昨年3月に降板した2代目女将の鈴木杏樹に対して、演技だけでなく、性格の良さも高く評価しており、視聴者の要望もあって、次シリーズでは鈴木を再び女将として復活させる方向だといわれていた。ところが、「週刊文春」(文藝春秋)が劇団新派の俳優・喜多村緑郎との不倫スキャンダルを報道。復帰の目が消えてしまった。

「初代女将の益戸育江(旧芸名・高樹沙耶)は大麻取締法違反で逮捕され、3代目相棒だった成宮寛貴は、違法薬物使用疑惑が報じられて電撃引退してしまった。今回、降板後とはいえ、鈴木の不倫スキャンダルが発覚したことで、ネットでは“相棒の呪いか”と揶揄されています。それだけに、3代目女将の条件は“スキャンダルを起こす心配がない”こと。その点、愛妻家である水谷の妻・伊藤蘭ならば心配ないでしょう」(同)

 伊藤といえば、昨年、キャンディーズ解散以来41年ぶりとなる歌手復帰を果たしたが、女優としてのキャリアも申し分なく、現在は、沢村一樹主演の医療ドラマシリーズ『DOCTORS~最強の名医~』(テレビ朝日系)で沢村をサポートする女医を演じている。 

12
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed