日刊サイゾー トップ > エンタメ > ドラマ  > 成宮寛貴、相棒で復帰報道否定

成宮寛貴『相棒』での復帰報道のキナ臭さは、プライベートショット再流出を懸念しての動きか

成宮寛貴

 10月9日にスタートするテレビ朝日系ドラマ『相棒 シーズン18』において、成宮寛貴が俳優復帰することが決まったと10月3日発売の「女性セブン」(小学館)が報じた。

 しかし、このニュースが『NEWSポストセブン』で報じられると、成宮は本名の「平宮博重」名義で更新しているツイッターで、「ニュースにしていただいてありがたいなと思いながら、あれはフェイクニュースです。」と否定した。

「それなりに信頼できる筋からの情報として、成宮の俳優復帰の話はちょくちょく聞こえてきます。現時点で“復帰決定”と発表できる段階ではないのだと思うのですが、『相棒』での復帰に向けた動きがあったことは、確かだと思います」(テレビ局関係者)

 2016年12月に写真週刊誌「FRIDAY」(講談社)にて薬物使用疑惑を報じられた成宮。本人と所蔵事務所は否定したものの、そのまま芸能界を引退し、海外に生活の場を移していた。現在は、本名の「平宮博重」として、公式サイトを開設、SNSやツイッターで情報発信を行っている。

「そもそも薬物で逮捕されたわけでもないので、芸能活動を再開するのは何の問題もない。今はまだ発表できないとしても、わざわざ公式サイトを作っているんだし、近々何らかの発表がある可能性は高いと思いますが」(同)

 ただ、成宮の復帰について慎重になる事情もあるようだ。

「『FRIDAY』に、成宮のプライベートショットや薬物をねだる肉声データを元にした会話などが掲載されていましたが、これらのネタを提供したのは成宮の知人。しかも、その背景には成宮との関係性における遺恨があったといいます。

 つまり成宮への復讐として疑惑のネタが売られたということです。となると、仮に成宮が芸能活動を再開すれば、成宮への恨みを持つ誰かが、同様にネタを週刊誌に売ったり、あるいはネット上に流出されたりする可能性もある。テレビ朝日はそういった展開になることを恐れているのかもしれません」(芸能記者)

 成宮に復讐をしたいのであれば、成宮が復帰したタイミングでネタを流すのがもっとも効果的。成宮の足を引っ張りたい人がいるなら、“再流出”のタイミングを図っているということもありうるだろう。

「おそらくテレビ朝日は今、必死になって成宮の交友関係やら過去やらを洗っているのでは。成宮は交友関係も広く、ハレンチなプライベートショットを持っている知人は想像以上に多いと言われているので、そのすべてを抑えることは不可能だと思いますけどね」(同)

 かつてと同じ騒動が起きるリスクを抱える成宮寛貴。すんなり復帰することは、そう簡単ではなさそうだ。

最終更新:2019/10/04 17:55
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed