日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 鈴木杏樹の不倫で気になる最凶番組

相棒、ZIP!より怖い⁉ 鈴木杏樹の“不倫発覚”で気になる芸能界「最凶の呪い」番組

文=日刊サイゾー

JAPAN MUSIC ENTERTAINMENT公式サイトより

 “そこ”には悪い運気が溜まっているのだろうか。

 俳優・喜多村緑郎との不倫が発覚した鈴木杏樹。番組降板など今後の芸能活動にも大きな影響を及ぼしそうなことから、一部では「2つの呪い」が話題を呼んでいる。

「まず一つが『相棒の呪い』です。同ドラマで鈴木は主人公・右京(水谷豊)が通う小料理屋の2代目女将を演じました。初代女将役の高樹沙耶は大麻取締法違反で逮捕。また、3代目相棒となった成宮寛貴も違法薬物疑惑が報じられ、芸能界を引退。水谷の同僚刑事役を演じた原田龍二は昨年、不倫を報じられ、謝罪会見に追い込まれています。そして、もう一つが『ZIPの呪い』。鈴木は昨年3月まで『ZIP!』(日本テレビ系)のパーソナリティーを務めていましたが、番組の歴代レギュラーには、芸能界を追放された山口達也をはじめ、不倫疑惑を報じられた川島海荷、離婚を発表した田中直樹、交通事故に遭ったMAKIDAIなどがいます」(週刊誌記者)

 芸能界にはこれまでも“呪い”という言葉でしか片付けられない奇妙な出来事があった。最も有名なのが「桃の天然水の呪い」だろう。

「CMに出演した華原朋美はガス中毒で倒れ、病院に搬送。小室哲哉と破局し精神不安定になり、事務所を解雇されてしまった。後任の浜崎あゆみも左耳の聴力を失うという不幸続き。その後、“桃天3人娘”の吉井怜・村田洋子・神戸みゆきが出演するも、吉井は白血病に、村田は解雇され引退、神戸みゆきは2008年に24歳の若さで死去しています。さらに13年に出演したローラは実父が詐欺容疑で逮捕されました」(広告代理店関係者)

 そして目下、それらを遥かに凌駕する“最凶の呪い”と目されている番組があるという。

12

相棒、ZIP!より怖い⁉ 鈴木杏樹の“不倫発覚”で気になる芸能界「最凶の呪い」番組のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

イチオシ企画

『LINE LIVE×雑誌サイゾー』グラビアモデルコンテスト2022開催!

『LINE LIVE』と『雑誌サイゾー』がコラボ「グラビアモデルコンテスト2022」開催
写真
特集

『鎌倉殿の13人』ドラマと史実の交差点

小栗旬、大泉洋、小池栄子、新垣結衣ら豪華キャストが出演、三谷幸喜作の大河ドラマと史実の交差点を読み解く
写真
人気連載

実話ベースの珠玉作『義足のボクサー』

 檻の中に閉じ込められていた魂が自由を手に入...…
写真
インタビュー

カニエ・ウェストはなぜ人種差別的な小説に惹かれた?

 アメリカのポップ・カルチャー(音楽、ドラマ、映画等々)の情報は日本でも大量に流通し...
写真