日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 東京事変、ライブ開催は成功か?

東京事変、新型コロナの自粛ムードでのライブ強行は成功だったのか!? 業界内からは賛同の声も

文=日刊サイゾー

椎名林檎

 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、多くのライブイベントが中止や延期となる中、椎名林檎率いる東京事変が2月29日と3月1日、東京国際フォーラムホールAにて全国ツアー「東京事変 Live Tour 2020『ニュースフラッシュ』」の公演を決行した。

「チケットの払い戻しにも対応するとのことでしたが、会場はほぼ満席。観客はほとんどがマスクを着用していました。感染予防策については、スタッフがマスクをしていたのと、建物に入る時と入場時のアルコール消毒と、サーモグラフィーで体温をチェックしていました」(音楽業界関係者)

 そんな東京事変に対し、ネット上ではライブを開催すべきではなかったといった批判的な声も上がっている。

「多くのイベントが中止になったということで、東京事変が“抜け駆け”した形になったということでしょう。ネットでの批判の声を見ると、この“逆張り”は必ずしも成功ではなかったと言えると思います」(メディア関係者)

 また、5人組アイドルグループ・アップアップガールズ(仮)は、2月29日に名古屋で、3月1日には大阪でライブを開催。観客に対し入場時に体温計で検温を実施し、体温が37.2℃以上であれば入場不可という形で決行した。

「これは韓国でTWICEもやっていた方法。非接触式と脇の下式を併用していたようです。感染が疑われる人を入場させないという意味では、一定の効果があるという考えです」(同)

12

東京事変、新型コロナの自粛ムードでのライブ強行は成功だったのか!? 業界内からは賛同の声ものページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

タッキー革命新章突入!? ジャニーズはどうなる?

不祥事タレントを容赦なく切り捨て、Jr.の年齢制限まで勃発…ジャニーズはどうなる!?
写真
人気連載

志村けんと噂になった女性たち

 先日、阪神・淡路大震災から26年目を迎えた...…
写真
インタビュー

瓜田純士「人生3回目の花が咲く?」

 東京五輪イヤーが幕を開け、日本は果たしてどう変わるのか? 千里眼とプロファイル力を...
写真