日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > 明石家さんまの奇跡体験

霊のおかげで助かった!? 明石家さんまが「九死に一生を得た」奇跡の体験とは?

文=日刊サイゾー

明石家さんま

 お笑いモンスターは、やっぱり“何か”持っていた!?

 3月4日放送の『ホンマでっか!?TV』(フジテレビ系)に、霊が見えるという芸人・シークエンスはやともが出演。レギュラー陣の中から「いい霊がついていた人ランキング」を発表、1位に選ばれたのは明石家さんまだった。

「はやともによると、さんまには1,000人以上の生き霊がついており、『霊が体からはみ出している』のだといいます。しかも、胸の部分に2人の女性の生き霊がついており、それは『さんまさんの一声で(さんまと)結婚するかもしれない女性』ということから、ネット上ではさんまから寵愛を受けていた剛力彩芽ではないかとの声が飛び交っています。さんまは霊を大事にしているそうで『お祓いはしない』と語っていました」(テレビ誌ライター)

 視聴者からは「芸能人はガチでいっぱい取り憑いてそう」「やっぱり成功してる人ってパワーがすごそうだよね」「悪霊をはねかえす さんまは生き霊を凌駕する程のものすごいエネルギーを持ってそう」といったコメントが飛び交っているが、さんまは過去に、霊にまつわる数奇な体験をしているという。

「さんまは3歳の頃に、母親を病気で亡くしています。そして、小学校高学年になった頃に父親が再婚し、継母には連れ子がいたため、8歳年下の弟ができました。この義弟を『チビ』と呼んで溺愛していたさんまですが、27歳の時に実家が火災となり、義弟は亡くなっています。当時の週刊誌は『焼身自殺?』と報じ、さんまは『一生の中で、こんなに悲しいことはない』と語っていました」(放送作家)

12

霊のおかげで助かった!? 明石家さんまが「九死に一生を得た」奇跡の体験とは?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

イチオシ企画

『LINE LIVE×雑誌サイゾー』グラビアモデルコンテスト2022開催!

『LINE LIVE』と『雑誌サイゾー』がコラボ「グラビアモデルコンテスト2022」開催
写真
特集

『鎌倉殿の13人』ドラマと史実の交差点

小栗旬、大泉洋、小池栄子、新垣結衣ら豪華キャストが出演、三谷幸喜作の大河ドラマと史実の交差点を読み解く
写真
人気連載

実話ベースの珠玉作『義足のボクサー』

 檻の中に閉じ込められていた魂が自由を手に入...…
写真
インタビュー

マヂラブ「漫才師とかコント師なんて職業は存在しない」

「R-1ぐらんぷり2020」優勝、「M-1グランプリ2021」優勝、そして三冠をかけ...
写真