日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > めるること生見愛瑠がブレイク中

“めるる”こと生見愛瑠が大ブレイク間近!? ゆきぽよ&みちょぱを抜いて「10代のカリスマ」に?

文=日刊サイゾー

avex management Webより

 2020年に入って、バラエティー番組への出演数が急増しているのが、“めるる”こと生見愛瑠だ。3月上旬だけでも『ヒルナンデス!』『ニノさん』『ぐるナイ』(全て日本テレビ系)、『水曜日のダウンタウン』(TBS系)、『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)など、名だたる人気番組に続々とゲスト出演している。

 ティーン向けファッション誌「Popteen」(角川春樹事務所)の専属モデルを務める生見。2018年にはAbemaTVの恋愛リアリティ番組『オオカミくんには騙されない』に出演し、人気を博した。

「めるるは、簡単に言えば、10代女性に人気が高い“ギャルモデル”。みちょぱやゆきぽよに続く存在です。かなりのおバカキャラで突拍子もないトークも大きな魅力です」(メディア関係者)

 そんな生見の業界内評価はどういった感じなのだろうか。制作会社関係者が明かす。

「所属するエイベックスからのプッシュもあるので、制作サイドとしても、とりあえず1回使ってみるか、という感じ。ただ、本人はすごく面白くて、結構使いやすい。バラエティー番組の常連になれる素材です」

12

“めるる”こと生見愛瑠が大ブレイク間近!? ゆきぽよ&みちょぱを抜いて「10代のカリスマ」に?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

志村けん急逝――悲しみ広がる

お笑い界のレジェンドが残した偉大な功績の数々を振り返る!
写真
人気連載

安倍首相はコロナ制御できるのか

今週の注目記事・新型コロナウイルス肺炎関連の...…
写真
インタビュー

『死霊の盆踊り』ほか珍作映画

 日本におけるサイテー映画の歴史の発火点となったのが、米国映画『死霊の盆踊り』(原題...
写真