日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > めるること生見愛瑠がブレイク中

“めるる”こと生見愛瑠が大ブレイク間近!? ゆきぽよ&みちょぱを抜いて「10代のカリスマ」に?

文=日刊サイゾー

avex management Webより

 2020年に入って、バラエティー番組への出演数が急増しているのが、“めるる”こと生見愛瑠だ。3月上旬だけでも『ヒルナンデス!』『ニノさん』『ぐるナイ』(全て日本テレビ系)、『水曜日のダウンタウン』(TBS系)、『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)など、名だたる人気番組に続々とゲスト出演している。

 ティーン向けファッション誌「Popteen」(角川春樹事務所)の専属モデルを務める生見。2018年にはAbemaTVの恋愛リアリティ番組『オオカミくんには騙されない』に出演し、人気を博した。

「めるるは、簡単に言えば、10代女性に人気が高い“ギャルモデル”。みちょぱやゆきぽよに続く存在です。かなりのおバカキャラで突拍子もないトークも大きな魅力です」(メディア関係者)

 そんな生見の業界内評価はどういった感じなのだろうか。制作会社関係者が明かす。

「所属するエイベックスからのプッシュもあるので、制作サイドとしても、とりあえず1回使ってみるか、という感じ。ただ、本人はすごく面白くて、結構使いやすい。バラエティー番組の常連になれる素材です」

12

“めるる”こと生見愛瑠が大ブレイク間近!? ゆきぽよ&みちょぱを抜いて「10代のカリスマ」に?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

「クリティカル・クリティーク 」気鋭の文筆家によるカルチャー時評

フィメール・ラッパーをはじめ、さまざまなカルチャーにまつわる論考を執筆気鋭の文筆家・つやちゃんによるカルチャー時評
写真
特集

元関係者語るボイメン平野

 今年の5月22日にKing & Prince(以下:キンプリ)脱退、そしてジャニーズ事務所を退社することが決まっている平野紫耀。  2022年1...…
写真
人気連載

のん、地上波復帰の陰に…

 民放テレビ界から干され続けている女優・のん...…
写真
UPCOMING

クリエイティブな次世代モデル・MONICA

 アップカミングなあの人にインタビューする連載「あぷ噛む」。第1回目は、モデルのMONICAにインタビュー。11月とは思えないほど暖かいある日の昼...…
写真