日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > ゆきぽよ、空気読む力で評価上昇

ギャル界も下克上!? ゆきぽよ、コメントは薄っぺらでも「空気を読む力」で評価急上昇か

文=日刊サイゾー

ゆきぽよ

 昨年あたりから急激にメディア露出が増加し、今やバラエティー番組になくてはならない存在となったギャルモデルのゆきぽよ(木村有希)。企業のPRイベントなどに呼ばれることも多く、まさに引っ張りだこ状態となっている。

「ギャルモデルというと、藤田ニコルとみちょぱ(池田美優)の2大巨頭がいて、そこにゆきぽよが割って入っていく図式。最初の頃は2人に押されてなかなか人気を獲得できなかったのですが、最近は追いつき始め、下克上もあるかという勢い。番組スタッフからは、“ゆきぽよは使いやすい”という声もよく聞きます」(テレビ局関係者)

 ゆきぽよの業界内支持率が高い背景には、そのコメント力があるという。

「ゆきぽよは、制作サイドが求めているコメントをしっかりしてくれる。たとえば、年上の女性タレントと共演する場合はジェネレーションギャップを見せてくれるし、食レポでもそつのないコメントをしてくれる。スタッフが細かく指示をしなくても、思い通りの動きを見せてくれるんです。

 また、見た目がギャルということで、そこにいるだけでも“若者代表”として機能するのも大きい。コメントの内容がイマイチでも、若者代表という立場があれば、なんとなく納得させられる。スタッフとしては本当にありがたい存在です」(制作会社関係者)

 とはいえ、ゆきぽよの“コメントの薄さ”を指摘する声も多い。バラエティー番組に関わる構成作家が、ゆきぽよについて分析する。

「ゆきぽよは、自分の立ち位置を把握しすぎているからか、“置きにいったコメント”も多いんですよ。それこそ過去のバラエティータレントたちが散々口にしてきたような、どこかで聞いたことがある“バラエティーあるあるコメント”が出てくることが多い。比較的センスがあるコメントが多いみちょぱや藤田ニコルに比べると、ちょっと物足りないところもありますけどね」

12

ギャル界も下克上!? ゆきぽよ、コメントは薄っぺらでも「空気を読む力」で評価急上昇かのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

「サイゾー筋トレ部」始動!

腹筋インストラクター・腹筋王子カツオさんが、自宅でできる簡単筋トレを紹介!
写真
人気連載

日本社会を縛る“世間様”の圧力

 ふとしたときに「世間様っていうのはおっかね...…
写真
インタビュー

姫乃たま×河崎実対談!! ファンも絶句した『シャノワールの復讐』の衝撃

 棒のように生きる男の生き様を描いた『棒の哀しみ』(94)という、神代辰巳監督の晩年...
写真