日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 川口春奈に「起用貧乏」を心配

何がやりたいの!? キャスター挑戦の川口春奈に、業界内から「器用貧乏」を心配する声

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

川口春奈公式サイトより

 女優の川口春奈が4月より、『Going!Sports&News』(日本テレビ系)の10周年スペシャルキャスターに就任する。

 NHKの大河ドラマ『麒麟がくる』では沢尻エリカの代役を果たしながら、毎週土曜日のレギュラーメンバーとして参加。もともとスポーツに興味があるといい、オリンピック選手や一線で活躍しているアスリートの生活やルーティンに「すごく興味があるので見ていきたい」と意気込んでいる。

 川口といえば、YouTuberとしても活動しており、地元・長崎の五島列島の魅力や実家での暮らしぶりを映像で公開し、話題を呼んでいる。芸能関係者は「まさに飛躍の一年といったところだろうが、心配な面もある」という。

「世間から見れば、ようやくブレークしたという印象も強いですが、結局のところ、どれを軸に仕事をしたいのかがわからない。役者の所属が多い事務所にいるので、基本的には女優業を優先させるのでしょうが、器用貧乏で終わったら元も子もありません」(同)

 ここから数年は、芸能界で生きていく上でのすべをじっくり見定める時期になりそうだ。

最終更新:2020/03/14 08:05

何がやりたいの!? キャスター挑戦の川口春奈に、業界内から「器用貧乏」を心配する声のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

イチオシ企画

『LINE LIVE×雑誌サイゾー』グラビアモデルコンテスト2022開催!

『LINE LIVE』と『雑誌サイゾー』がコラボ「グラビアモデルコンテスト2022」開催
写真
特集

『鎌倉殿の13人』ドラマと史実の交差点

小栗旬、大泉洋、小池栄子、新垣結衣ら豪華キャストが出演、三谷幸喜作の大河ドラマと史実の交差点を読み解く
写真
人気連載

海老蔵、梨園での孤立ぶり際立つ

 13代目・市川團十郎白猿襲名公演の開催が延...…
写真
インタビュー

小澤雄太が三谷幸喜からもらった金言

 昨年7月、コロナ禍のPARCO劇場再開第1弾作品として上映されたのが三谷幸喜作・演...
写真