日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 安田美沙子、性格が招いた騒動

京女のイメージは見せかけ!? 安田美沙子、“ヒステリックな性格”が招いた事務所トラブルか

文=日刊サイゾー

安田美沙子

 タレントの安田美沙子が、所属事務所との訴訟トラブルを巻き起こしており今後、騒動が大きくなる可能性がある。

 先に火ぶたを切ったのは安田だった。3月10日に自身のインスタグラムを更新した際、第2子の出産と同時につづったのが所属事務所アーティストハウス・ピラミッドの退社だった。本人は「契約期間満了」としているが、これに事務所が反応した。

 アーティストハウス・ピラミッドの公式サイトのトップページに「誠に遺憾ではありますが、安田美沙子とは現在訴訟が係属中でありますので、弊社のホームページから安田の肖像やリンクを仮に削除させて頂きました」と赤字で記している。

 週刊誌記者は「契約について安田側から提訴しているようです」と内情を語る。

「2016年に結婚した一般人男性が以前、浮気が報じられた際には、重いガラステーブルをひっくり返し大激怒したことをバラエティー番組で告白。以降も夫の気に食わない態度に再び怒りをあらわにしてブチ切れたこともあったとか」

 これらは脚色したものではなく、安田は実にややこしい性格だと続ける。

12

京女のイメージは見せかけ!? 安田美沙子、“ヒステリックな性格”が招いた事務所トラブルかのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

『鬼滅の刃』はジブリ超え大ヒットになるか?

アニメ映画『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』の興収が公開10日間で100億円突破で『千と千尋の神隠し』超え!?
写真
人気連載

『ザ・バンド かつて僕らは兄弟だった』レビュー

「この映画は大音量で上映すべし」  ...…
写真
インタビュー

人間の本性としての暴力と協力

――人間はどこから来たのか 人間は何者か 人間はどこに行くのか――。最先端の知見を有...
写真