日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > ジャニーズ  > 宣伝費は青天井のドラえもん映画

キムタクもノリノリ!? 劇場版『ドラえもん』最新作が公開延期でも宣伝費は青天井

文=日刊サイゾー

木村拓哉とドラえもん

 先月末、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、政府が大規模イベントの中止・縮小を要請したことを受け、観客に子供が多いアニメ映画にも影響が出ており、人気シリーズの劇場版最新作『ドラえもん のび太の新恐竜』は、3月6日の公開予定を延期。同7日に予定していた初日舞台あいさつも中止され、新たな公開日は今後の状況を見ながら決定することになった。

「現在は『近日公開』というテロップでのCMが流れています。とはいえ、公開予定日までの予算をかけて予定通りのプロモーションをこなしていました。普通の作品ならその時点でプロモーションは終了。公開のタイミングを待つのみですが、今年の『ドラえもん』に関しては宣伝費が青天井だといわれています」(映画業界関係者)

 今作は『ドラえもん』の連載50周年、映画化40周年記念作品。主題歌は人気バンド・Mr.Childrenの「Birthday」と「君と重ねたモノローグ」を提供している。

 そして、ゲスト声優は元SMAPの木村拓哉、タレントの渡辺直美が務め、木村は都内のスタジオでノリノリで公開アフレコ収録に臨んだ。

12

キムタクもノリノリ!? 劇場版『ドラえもん』最新作が公開延期でも宣伝費は青天井のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

志村けん急逝――悲しみ広がる

お笑い界のレジェンドが残した偉大な功績の数々を振り返る!
写真
人気連載

『ワンダーウォール』が劇場版に

 文化遺産が数多く残る京都市のなかでも、ひと...…
写真
インタビュー

御茶海マミの“リアル地下ドル”事情

 昨年度の総ライブ出演本数140本(!?)地下アイドル界でも異例の精力的なペースで活...
写真