日刊サイゾー トップ > エンタメ > アイドル > STARTO(旧ジャニーズ)  > 宣伝費は青天井のドラえもん映画

キムタクもノリノリ!? 劇場版『ドラえもん』最新作が公開延期でも宣伝費は青天井

木村拓哉とドラえもん

 先月末、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、政府が大規模イベントの中止・縮小を要請したことを受け、観客に子供が多いアニメ映画にも影響が出ており、人気シリーズの劇場版最新作『ドラえもん のび太の新恐竜』は、3月6日の公開予定を延期。同7日に予定していた初日舞台あいさつも中止され、新たな公開日は今後の状況を見ながら決定することになった。

「現在は『近日公開』というテロップでのCMが流れています。とはいえ、公開予定日までの予算をかけて予定通りのプロモーションをこなしていました。普通の作品ならその時点でプロモーションは終了。公開のタイミングを待つのみですが、今年の『ドラえもん』に関しては宣伝費が青天井だといわれています」(映画業界関係者)

 今作は『ドラえもん』の連載50周年、映画化40周年記念作品。主題歌は人気バンド・Mr.Childrenの「Birthday」と「君と重ねたモノローグ」を提供している。

 そして、ゲスト声優は元SMAPの木村拓哉、タレントの渡辺直美が務め、木村は都内のスタジオでノリノリで公開アフレコ収録に臨んだ。

12
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • x
  • feed