日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 『チコちゃん』化学者が岡村を絶賛
『チコちゃん』レビュー

『チコちゃんに叱られる!』ノーベル賞受賞者が岡村隆史のMC力を絶賛!

文=寺西ジャジューカ(てらにし・じゃじゅーか)

「柿の種」という商品名を連呼するNHK

「この中で1番お酒とおつまみが似合う素敵な大人ってだ~れ?」とチコちゃんが問うと、「そういうふうになりたいと思っている」と手を上げたのは岡村だった。チコちゃんは「なんで柿の種はあの形なの?」と岡村に質問した。「つまみやすいけど食べすぎない計算された形」と回答する岡村であったが、これは誤りだ。では、正解は?

「柿の種があの形なのは、社長の奥さんのうっかり」(チコちゃん)

 詳しく教えてくれるのは、柿の種を生み出した浪花屋製菓の上村一重社長である。曰く、柿の種を最初に生み出したのは創業者の今井與三郎氏とさき夫人だそう。2人が手作りであられを作っていたとき、さき夫人のうっかりであの形のお菓子が誕生したのだ。

 というわけで、再現ドラマ「NHKたぶんこうだったんじゃないか劇場」がスタートした。與三郎役は例によって鶴見辰吾で、さき夫人を演じるのは石田ひかりである。謎に豪華な配役……。

 大正13年、新潟県長岡市で細々とせんべいを作っていた今井夫妻は、新商品としてもち米で作った小判型のあられを販売した。しかし、せんべいより小粒なのに高価という理由であられは全然売れなかった。

 そんなある日、さきは持っていた小判型の抜き型を落とし、うっかり踏んづけてしまう。特注で1つしかない抜き型だったが、與三郎はさきを責めなかった。「まあいいか」と半月型に変形した抜き型でそのまま型をとり、あられを作ることにしたのだ。さらに、それまであられに使っていなかったスパイスを混ぜ、ピリッと辛い味付けにブラッシュアップ! さきの失敗をカバーするために工夫をこらした、不思議な形のあられ。これが、ハイカラなもの好きな大正時代の人々にウケた。

 まだ、このお菓子に名前はついていなかった。当時、新潟にあった大河津柿という品種の種は三日月型で、與三郎の作るあられと形がよく似ていた。今井夫妻はこのあられを「柿の種」と名付けた。名前のインパクトも手伝い、柿の種は売上を好調に伸ばしていった。

 正直、柿の種があの形になった由来について筆者は知っていた。今まで多くの番組がこすった情報だったし、新潟県民には有名な話とも聞く。でも、柿の種が「柿の種」という名前になった理由については驚きだった。(普通の)柿の種の形をしていないし、なんでだろう? とずっと不思議に思っていたのだ。あと、NHKで「柿の種」という商品名を連呼してもOKなんだな……。

寺西ジャジューカ(てらにし・じゃじゅーか)

寺西ジャジューカ(てらにし・じゃじゅーか)

1978年生まれ。得意分野は、芸能、音楽、格闘技、(昔の)プロレス系。『証言UWF』(宝島社)に執筆。

記事一覧

サイト:Facebook

最終更新:2020/03/20 14:00
123

『チコちゃんに叱られる!』ノーベル賞受賞者が岡村隆史のMC力を絶賛!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

問題案件連発でジャニーズ帝国崩壊!?

マッチの不倫や山下智久の退所などが重なり、ジャニーズの根幹がゆらぎ始めている…。
写真
人気連載

小室圭さん母の元婚約者が最後の“賭け”?

今週の注目記事・第1位「後援者2500人パー...…
写真
インタビュー

瞑想ブームに見る仏教と科学の関係史

 「マインドフルネスをビジネスに活かす」「瞑想で健康になる」といった言葉が当然に...
写真