日刊サイゾー トップ > 社会 > 政治・経済  > 都の禁煙条例は骨抜き状態に

愛煙家に朗報? 東京都の「禁煙条例」は新型コロナ騒動で骨抜き状態に!?

文=日刊サイゾー

イメージ画像

 愛煙家の肩身がどんどん狭くなる中、さらにそれを締め付けるのが、4月1日から全面施行される改正健康増進法だ。東京都では同日から、さらに厳しい「東京都受動喫煙防止条例」がスタートするが、コロナウイルス騒動で条例が骨抜きになる可能性が出てきている。

 4月1日に全国でスタートする改正健康増進法は、受動喫煙をなくすことを目指すもの。規制の対象外になる条件はいくつか存在するが、不特定多数の人間が集まる店や場所は原則的に禁煙となり、半数近くの飲食店が禁煙になると予想されている。東京都の条例は、規制の対象外になる条件がさらに厳しく、8割以上の店でタバコが吸えなくなる。店内禁煙は世界的な流れだが、飲食店経営者は戦々恐々だ。4月1日から禁煙になる東京都豊島区の居酒屋店主はいう。

「ウチの店は席数が70近くある中型店ですが、お客様の4割は喫煙者です。店がオフィス街にあり、男性客が多いので、喫煙率は他の店よりも高いでしょう。常連さんの中には『タバコが吸えないならもう来ない』と言っている方もいて、頭を抱えていたましたが、それに追い打ちを掛けたのがコロナウイルス騒動です。

 ウチは宴会で使って頂くご常連さんも多いのですが、コロナウイルス騒動で3月の宴会の予約はほぼすべてなくなりました。歓送迎会シーズンはかきいれ時ですが、3月の売り上げは前年の2割以下。およそ半年分の売り上げが吹っ飛んだ計算です。これで禁煙まで始めたら、はっきり言って店は潰れます。周りの店の様子を見ながらになりますが、4月1日以降もしばらくは、お客様に灰皿を求められたら出すでしょうね」(居酒屋店主)

12

愛煙家に朗報? 東京都の「禁煙条例」は新型コロナ騒動で骨抜き状態に!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

『鬼滅の刃』はジブリ超え大ヒットになるか?

アニメ映画『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』の興収が公開10日間で100億円突破で『千と千尋の神隠し』超え!?
写真
人気連載

『ザ・バンド かつて僕らは兄弟だった』レビュー

「この映画は大音量で上映すべし」  ...…
写真
インタビュー

強権的な指導者を好む若者増加

 アメリカの調査機関ピュー・リサーチ・センターによれば、世界の多くの国で軍事政権に対...
写真