日刊サイゾー トップ > 芸能  > 『こども電話相談室』伊集院が反省
12年ぶりに復活! 

TBSラジオ『全国こども電話相談室』「芯食ってない」と反省する伊集院光と、子ども目線に立たない赤江珠緒

文=寺西ジャジューカ(てらにし・じゃじゅーか)

子どもの目線に立たない赤江珠緒と永六輔

 伊集院の焦りは無理もない。子どもから出る「はい」の返事が、時が進むほど無機質な声色になっていったのだ。明らかに感情がこもってない。少女の納得度が低いのはバレバレだった。

 一方、赤江の回答はどうか? 彼女は子ども相手に遠慮なしだった。

「大事なものに限って見えないと思うのね。お母さんのことが好きでも、“この好きをお母さんにあげる”って物としては見えなくない? 幸せだなあって思っても、物として見せられないよね。でも“これは命があるな”とか、“この人は自分のことが好きだな”って思われることは見えないけど感じてるでしょ? 見えなくても感じることを、大人は“感受性”って言葉で表すんだけど。感受性の意味はわかった?」

 すごくいいことを言っているが、小学3年生に「感受性」がわかるわけがない。

 いや、これでいいのだ。この日、番組は合間合間に番組の秘蔵音源を流していたが、聴くと、昔の先生は一様に子どもに合わせていなかった。中でも、番組史上最高の相談と呼ばれる“伝説の説教回”がすさまじい。回答者は永六輔である。

子ども「テレビに出るためにはどうしたらいいんですか?」

永「僕、テレビ出るの嫌いなのね。嫌いなんだけど、君はなぜ出たいの?」

子ども「え~っとねえ、面白そうなゲームがあるから」

永「でも、世の中には君が考えてるより、もっともっと面白い世界や場所があるの。6歳でテレビに出たがるのは、気持ちはわかるけど早い。遊びじゃないんだから」

子ども「……」

 速攻で子どもを閉口させた、永の持論語り。要するに、子どもと同じ目線に立つのではなく、子どもを大人目線に引っ張り上げる。すると、いつか思い出したときに気づきになる。子どもに遠慮しないからこそ、響く答えになる。そういう考え方だ。だから、小学生にとうとうと「感受性」を説いた赤江の回答は、結果オーライになると信じたい。

123

TBSラジオ『全国こども電話相談室』「芯食ってない」と反省する伊集院光と、子ども目線に立たない赤江珠緒のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

NEWS手越祐也、崖っぷち!

相次ぐスキャンダルに滝沢激怒、ジャニーズ退所も現実味!?
写真
人気連載

エガちゃんねるスタッフ離脱のワケ

敏腕YouTubeライターと日刊サイゾー新米編集...…
写真
インタビュー

ブレーク前夜!宮下草薙に聞く

 ハナコが「キングオブコント王者」に輝き、霜降り明星が「M-1」を制し……お笑い界を...
写真