日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 志村陽性であの大物に感染危機

嵐のラストイヤーに黄信号!? 志村けん「新型コロナ陽性」で感染危機が浮上した“あの大物”

文=日刊サイゾー

志村けん

 25日付の一部スポーツ紙で、新型コロナウイルス検査で陽性と診断され、都内の病院に入院中であること報じられたタレント・志村けんの所属事務所が同日、状況を説明する文書を発表した。

 事務所によると、17日に倦怠感の症状があったため自宅療養し、19日に発熱・呼吸困難の症状を発症。そのため、20日に体調不良で都内の病院に搬送され、重度の肺炎との診断を受け、同日に入院。新型コロナウイルス感染症への感染が疑われたため検査を受けたところ、23日夜に陽性が確認されたという。

 感染経路は不明。しかし、24日に保健所による調査が行われ、発症日と濃厚接触者の特定が完了。17日から20日までは自宅で静養しており、接触のあった人物も限られ、そのおかげで濃厚接触者の特定もすでに完了。対象者は自宅待機中だという。

「日本の芸能界では初めての感染公表となった志村。2月22日には多くの芸能人を集めた自身の誕生会が開催されていたが、もし、その時期に感染していたら“集団感染”の恐れも。出席者たちは胸をなで下ろしているでしょう」(テレビ局関係者)

 志村は、現在、数多くのバラエティ番組などに出演中。そのうち、日本テレビ系『天才!志村どうぶつ園』は今月5日に収録が行われたというが、発症日から逆算すると、すでにコロナに感染していた可能性が浮上。となると、“あの大物”にも感染危機が浮上しているというのだ。

12

嵐のラストイヤーに黄信号!? 志村けん「新型コロナ陽性」で感染危機が浮上した“あの大物”のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

中居正広”円満独立”の余波

中居クンが3月末でジャニーズ退所!新しい地図、キムタクとの関係は?
写真
人気連載

長瀬智也の説得工作で仰天プラン

 新型コロナウイルスの感染拡大でイベントやコ...…
写真
インタビュー

『解放区』は何が問題だった?

 令和元年を象徴する、火傷しそうなほどに熱いインディーズ映画『解放区』が現在公開中だ...
写真