日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 石橋貴明と所ジョージの差

フジの月曜夜で共に大爆死! 打ち切りの石橋貴明と番組継続の所ジョージの待遇差

文=日刊サイゾー

とんねるず・石橋貴明

 今春の番組改編で衝撃が走ったのが、『石橋貴明のたいむとんねる』(フジテレビ系)の打ち切り。その一方で、『たんむとんねる』の前に放送され、視聴率低迷が続いている所ジョージ司会の『新説!所JAPAN』は番組が継続した。2人ともこれまでの実績は十分だが、この差はいったい何なのか?

『たいむとんねる』は、長年続いた『とんねるずのみなさんのおかげでした』終了と入れ替わりでスタートした番組。「大人のノスタルジーを刺激するトーク番組」という触れ込みで、とんねるず全盛期を知る年代には評判も悪くなかったが、数字は伸びなかった。テレビ情報誌記者がいう。

「世間的には、あの『みなさんのおかげでした』の後番組ということで期待が大きかった『たいむとんねる』ですが、フタを開けてみれば、内容は石橋とゲストがゆったりトークしているだけのもの。派手なセットや豪華なゲストが売りだった『みなおか』とは比ぶべくもなく、視聴率は初回が3.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)、回によっては2%以下という惨敗でしたから、打ち切りは当然で、むしろ“よく2年ももった”というべきでしょう」

 ただ、フジテレビの月曜日で振るわないのは、『たいむとんねる』だけではない。その前の『新説!所JAPAN』も数字は低迷している。

「2018年10月にスタートした『新説!所JAPAN』ですが、初回がいきなり5%台で、2回目には3%台まで急落。壮絶な爆死スタートとなり、その後も数字は一向に上がっていません。『たいむとんねる』は良くも悪くも話題になりましたが、『所JAPAN』は話題にすらなっていない分、よりたちが悪いともいえます」(同)

 しかも、『たいむとんねる』は23時台の40分番組だが、『所JAPAN』は22時台の1時間番組だ。テコ入れが必要だったのは『所JAPAN』のようにも思えるが、番組継続の背景には複雑な事情がある。キー局関係者がいう。

12

フジの月曜夜で共に大爆死! 打ち切りの石橋貴明と番組継続の所ジョージの待遇差のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

志村けん急逝――悲しみ広がる

お笑い界のレジェンドが残した偉大な功績の数々を振り返る!
写真
人気連載

松田聖子、3度目の離婚も?

 世界各地で、新型コロナウイルスの感染拡大に...…
写真
インタビュー

ザ・マミィ第8世代コント

 注目芸人を集めた『ツギクル芸人グランプリ2019』(フジテレビ系)で優勝を果たし、...
写真