日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 石橋貴明、番組打ち切りを勘違い

人気低迷の自覚ゼロ!? 石橋貴明、『たいむとんねる』打ち切り通告を“ドッキリ”だと勘違い

文=日刊サイゾー

とんねるず・石橋貴明

 放送中の『石橋貴明のたいむとんねる』(フジテレビ系)が3月いっぱいで終了となり、4月から同局にて『石橋薪を焚べる(まきをくべる)』がスタートするという。とんねるず・石橋貴明としてはどうにか「40年ぶりレギュラーゼロ」を免れた形だ。

「かつてはテレビ界の帝王だった石橋ですが、今の若い世代には知らない人も多い。それでいて、ギャラは今でも1本100万円と高額。『たいむとんねる』が放送されている23時台なら30万円が適正な額ですから、彼のギャラは制作サイドにとって相当な重荷になっていたはず。これで視聴率は一時2%台まで落ち込みましたから、終わりにならないわけがない。新番組は深夜帯で、ギャラはかなり抑えたはずですが、“功労者”のクビを切るのは相当に難しいのでしょうね」(テレビ誌ライター)

12

人気低迷の自覚ゼロ!? 石橋貴明、『たいむとんねる』打ち切り通告を“ドッキリ”だと勘違いのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

イチオシ企画

『LINE LIVE×雑誌サイゾー』グラビアモデルコンテスト2022開催!

『LINE LIVE』と『雑誌サイゾー』がコラボ「グラビアモデルコンテスト2022」開催
写真
特集

『鎌倉殿の13人』ドラマと史実の交差点

小栗旬、大泉洋、小池栄子、新垣結衣ら豪華キャストが出演、三谷幸喜作の大河ドラマと史実の交差点を読み解く
写真
人気連載

実話ベースの珠玉作『義足のボクサー』

 檻の中に閉じ込められていた魂が自由を手に入...…
写真
インタビュー

石戸諭が語るメディアの問題点

 毎日新聞、バズフィードジャパン、そして現在は雑誌でテレビでとメディアを横断して活動す...
写真