日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 石橋格下げが目玉!?フジの改編策

石橋貴明の“格下げ”が目玉!? 改編を迎えたフジテレビの起死回生策は実るのか

文=日刊サイゾー

とんねるず・石橋貴明

 4月改編を先日、発表したフジテレビ。低迷する視聴率向上に向けて、起死回生策を打ち立てている。

 改編のテーマを「追求」として、あえてゴールデンタイムの番組をすべて継続にした一方で、22時以降の番組についてはメスを入れ、とんねるず・石橋貴明の『石橋貴明のたいむとんねる』を打ち切り、深夜帯に別の新番組を立ち上げた上、関東ローカルに“格下げ”することなどが決まっている。

 同局関係者は「4月からのポイントはそれらではない。1つは個人全体の視聴率を本格的に導入するのと、もう1つは自社の配信プラットフォーム(FOD)への配信を軸とした番組制作、編成になる」と指摘する。

 これまで、視聴率は世帯ごとが基軸となっていたが、「視聴人数をカウントしていく形になる。ただ、これを広告代理店がどう換算して、CM価格に反映させるかはまだ未知数な部分も多い。デバイスへの配信については直接、課金ができるので放送関連収入は増えるが、視聴者はよりマニアックなものを求めたり、放映のやり方を地上波とは別で考えないとなかなか成功しない。すでに別のテレビ局がやっているように、例えばドラマなら最新話を先行配信したり“完全版”と称して長めに見せたり。何らかの形で差別化を図らないと事業として失敗するでしょうね」(前出の関係者)と語る。

 地上波テレビ局が苦境に立たされて久しいが、フジテレビの新たな施策は果たして功を奏すのか。フジテレビ黄金時代の象徴・石橋貴明の“異動”も含め、業界内外から注目を集めている。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/03/05 11:30

石橋貴明の“格下げ”が目玉!? 改編を迎えたフジテレビの起死回生策は実るのかのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

『鬼滅の刃』はジブリ超え大ヒットになるか?

アニメ映画『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』の興収が公開10日間で100億円突破で『千と千尋の神隠し』超え!?
写真
人気連載

『ザ・バンド かつて僕らは兄弟だった』レビュー

「この映画は大音量で上映すべし」  ...…
写真
インタビュー

スピリチュアル市場のサバイバル

 現代社会においては宗教も市場競争にさらされ、人々が自分にふさわしい考えや実践をマー...
写真