日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > ゆきぽよ、トークスキルが高評価

中堅芸人クラスの信頼度!? ゆきぽよ、トーク番組スキルが高評価で「裏回し」も激増

文=日刊サイゾー

ゆきぽよ

 現在、バラエティー番組に引っ張りだこ状態となっている、ゆきぽよ(木村有希)。本職であるギャルモデルとしての仕事はもちろん、下着のプロデュースなども手掛け、幅広い分野で活躍している。

「バラエティー業界でのギャル系タレントとしては、みちょぱ(池田美優)がトップ。『アメトーーク!』(テレビ朝日系)で“みちょぱスゴイぞ芸人”をやるくらいですからね。でも、今年に入ってからは、現場での評価でいうと、ゆきぽよが上回りそう。平場でのトークもどんどん上手くなっています」(構成作家)

 バラエティーの収録現場では、ゆきぽよが“裏回し”を担当することが激増しているという。

「ひな壇系のトーク番組では、メインMCではなく、ひな壇ゲストの1人が他の人に話を振ったり、トークテーマを変えたりといった形で“裏回し”をすることがよくあるんですが、最近はゆきぽよがその役回りを担うことが増えている。フロアディレクターがメインMCではなく、ゆきぽよに“話を振って”とか、“〇〇の話をして”みたいなカンペを出している風景はよく見ます。もはや、単なるギャルタレントではなく、トーク番組の柱となっています」(同)

 通常であれば、陣内智則や麒麟・川島といった“中堅どころ”が裏回しを担当することが多い。若手女性タレントが裏回しを任されることは稀だ。

12

中堅芸人クラスの信頼度!? ゆきぽよ、トーク番組スキルが高評価で「裏回し」も激増のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

「クリティカル・クリティーク 」気鋭の文筆家によるカルチャー時評

フィメール・ラッパーをはじめ、さまざまなカルチャーにまつわる論考を執筆気鋭の文筆家・つやちゃんによるカルチャー時評
写真
特集

宇多田ヒカル「First Love」とアジアの“青春”

 私たちの“青春”は、何度でもリプレイされ続ける。  Netflixにて全世界独占配信中のオリジナルドラマシリーズ『First Love 初恋』...…
写真
人気連載

有吉『紅白』終了後に驚きの行動に出ていた

 こんにちは。ラジオ書き起こし職人のみやーん...…
写真
UPCOMING

クリエイティブな次世代モデル・MONICA

 アップカミングなあの人にインタビューする連載「あぷ噛む」。第1回目は、モデルのMONICAにインタビュー。11月とは思えないほど暖かいある日の昼...…
写真