日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > ズバッと芸能人  > みちょぱ、ゆきぽよが生き残る理由
ズバッと!芸能人

みちょぱ、ゆきぽよ……ギャルモデルが生き残る理由

文=都築雄一郎(つづき・ゆういちろう)

ゆきぽよ

 今回取り上げるのは、みちょぱ(池田美優)、そして、ゆきぽよ(木村有希)というギャルモデルの2人だ。この区別ができないと「おじさん扱い」されるそうだが、みちょぱは純粋な日本人であるのに対し、ゆきぽよの母親はフィリピン人とスペイン人のハーフ。ゆきぽよ本人もやはり、どことなくエキゾチックな雰囲気を醸し出している。この違いを知っておくだけでも役に立つだろう。

 さて、いまやテレビで2人を見ない日はない。特にゆきぽよは昨年あたりから急激にメディア露出が増加し、みちょぱを猛追。「ギャルモデル」であるとか、注目されるキッカケとなった恋愛リアリティ番組『バチェラー・ジャパン シーズン1』(Amazon Prime Video)、本家の『バチェラー・ウィンターゲームス』『バチェラー・イン・パラダイス』の出身であると説明する必要もなくなってきた。

藤田ニコルの昇格と芸能界の「ギャル枠」需要

 少し前までギャルモデルといえば、藤田ニコルとみちょぱが2大巨頭だった。だが、ニコルは2017年8月、「Popteen」(角川春樹事務所)モデルの卒業を機に“大人モデル”へキャラ変。ここ最近、発言も柔らかくなってきており、一足先にそのフィールドから抜け出している。これをチャンスとばかりに、割って入ってきたのがゆきぽよなのだ。

 ここ数年のバラエティ番組は30~40代以上のおじさん芸人がメインの出演者となることが多く、そんな中で“イマドキの流行に詳しい人”という役割で「ギャル枠」はなくてはならない。特にみちょぱは頭の回転が速く、空気も読めるので、スタッフとしても使いやすい。一方、ゆきぽよはみちょぱに比べるとコメントの内容は薄いが、バラエティ番組においても過激さが敬遠される昨今、「その物足りなさがちょうどいい」「安心して使える」という声もある。

 また、2人に共通しているのが、自身の恋愛について語ることにためらいがないという点だ。みちょぱといえば、過去に交際していた男性が自宅に泊まりに来た翌朝、警察がその男性を逮捕しにやってきた「おはようございます逮捕、オハタイ」エピソードが有名だが、24日の『中居くん決めて!』(TBS系)では、これ以外にもダメ男と交際した過去を告白。「だいたいのダメ男は湘南乃風が好き」と持論を展開している。

 一方、ゆきぽよも、17日放送の『しくじり先生 俺みたいになるな!!』(テレビ朝日系)で、元カレについて言及。これまで交際した5人全員に浮気され、さらにはそのうち4人が逮捕されたと明かした。しかも、そんなヤンチャな彼氏と別れ話がこじれたときのLINEでは、湘南乃風の「純恋歌」の歌詞が送られ、未練たっぷりに引き留められると話していた。やはり「ダメ男は湘南乃風好き説」は成り立つようだ。

 いずれにしても、そんなダメ男・ヤンチャな元カレ話はバラエティの大好物で、ネットニュースにもなりやすい。また、テレビの視聴者には、地方のギャル文化やマイルドヤンキー文化に親しみのある層が多く、そういった人々からの共感も得られるという意味でも需要が高いのだ。

12

みちょぱ、ゆきぽよ……ギャルモデルが生き残る理由のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

イチオシ企画

『LINE LIVE×雑誌サイゾー』グラビアモデルコンテスト2022開催!

『LINE LIVE』と『雑誌サイゾー』がコラボ「グラビアモデルコンテスト2022」開催
写真
特集

『鎌倉殿の13人』ドラマと史実の交差点

小栗旬、大泉洋、小池栄子、新垣結衣ら豪華キャストが出演、三谷幸喜作の大河ドラマと史実の交差点を読み解く
写真
人気連載

芸能界訃報相次ぐ…

 ベテラン芸能リポーターの城下尊之氏が、とか...…
写真
インタビュー

YOAK広本敦さんインタビュー

 2月上旬に、ある女性がツイッターに投稿した発言が話題になった。その趣旨は「メンズレ...
写真