日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 二階堂ふみ「下半身の自粛期間」

二階堂ふみ、朝ドラ『エール』収録休止で不安視される「下半身の自粛期間」

文=日刊サイゾー

二階堂ふみ

 好スタートを切っていたNHK朝ドラ『エール』だが、収録休止期間が延長されることが発表された。

 昭和という激動の時代に、数々の名曲を生み出した作曲家・古関裕而とその妻の波瀾万丈の生涯をモデルにして描かれた同作は、主人公の古山裕一を窪田正孝、その妻の関内音を二階堂ふみが演じている。

「二階堂はこれまでヌードも披露し、濡れ場作品も多いことから朝の顔にはそぐわないという声も多かった。それでも本人はこれまでのイメージを変えるべく、大正から昭和初期の時代考証の資料をじっくりと読み込み、古関裕而の長男にも実際に会って、演技を深めていました。二階堂の演技を見た長男は、『本物の母が蘇ったようだ。目頭が熱くなった』とスタッフに漏らしていたといいます」(芸能記者)

 ドラマの収録は昨年9月の福島ロケからスタートしているが、収録が延期になったことでスタッフはあることにやきもきしているという。

「これまでの朝ドラヒロインは皆同様ですが、二階堂はNHKサイドからスキャンダルはご法度と念押しされています。かつての二階堂は新井浩文、オカモトレイジ、星野源、菅田将暉など噂になった男は枚挙に暇がなかった。しかし、3年前に元メンズノンノのモデルとの熱愛が報じられたのが最後で、もっぱら目撃されているのは愛犬の散歩姿くらい。とはいえ、あの二階堂がこんなに長い間、恋愛しないでいるはずがないというのが大方の見方。収録休止が長引けばまたぞろ……となってもおかしくはない」(テレビ関係者)

 二階堂は“自粛”をいつまで続けられるだろうか。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/04/17 06:00

二階堂ふみ、朝ドラ『エール』収録休止で不安視される「下半身の自粛期間」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

NEWS手越祐也、崖っぷち!

相次ぐスキャンダルに滝沢激怒、ジャニーズ退所も現実味!?
写真
人気連載

トウガラシ名産地の珍なる町おこし

 韓国の町おこしが熱い。以前この連載でも、特...…
写真
インタビュー

モラハラ夫がそれに気づくまで(3)

 農林水産省の元事務次官の熊澤英昭容疑者が44歳の長男を殺害した事件では、息子による...
写真