日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル  > K-POPメソッド踏襲の“虹プロ”が人気

TWICEに続け!? K-POPメソッド踏襲の次世代アイドルオーディション“虹プロ”、グループ結成前なのにはやくも世界を席巻

文=菅原S(すがはら・えす)
TWICEに続け!? K-POPメソッド踏襲の次世代アイドルオーディション虹プロ、グループ結成前なのにはやくも世界を席巻の画像1
Nizi Project公式インスタグラムより

 人気K-POPグループTWICEをスターダムへとのしあげた、韓国の名プロデューサーJ.Y.Parkことパク・ジニョン氏が、日本を活動拠点とした新ガールズグループを結成するーー“Nizi Project”と名付けられたそのプロジェクトを追うオーディションバラエティー番組『虹のかけ橋』(日本テレビ系)の放送スタートを控え、K-POPを踏襲した国内アイドルグループの熱気が高まっている。

 Nizi Project(通称“虹プロ”)は、パク・ジニョン氏が創設した韓国の芸能事務所JYPエンターテイメントと、乃木坂46や日向坂46などを抱えるソニーミュージックがタッグを組んで実現した、日韓大手芸能事務所による合同プロジェクトだ。一万人を超える応募者のなかから26名が参加した一次合宿「Nizi Project Part1」の模様はHuluで配信済みで、すでに各メンバーを応援するファンがつき、SNSで盛り上がりを見せている。

 韓国で社会現象を巻き起こしたオーディション番組『PRODUCE 101』では、2018年に日韓合同グループIZ*ONEが誕生しているが、その日本版番組『PRODUCE 101 JAPAN』からは今年、男性アイドルグループJO1がデビュー。JO1はメンバー全員が日本人でありながら韓国の大手エンタメ企業CJ ENMと吉本興業の合弁会社に所属しており、K-POPファンからも支持を得て、ジャニーズグループにも迫る人気で爆進中だ。

 K-POPのメソッドが日本のアイドルシーンに流入しつつあるが、その成り立ちをつぶさに目撃できる“虹プロ”を例に、新世代アイドルのハイブリッドな魅力を紹介していこう。

トリリンガルも当たり前!? グローバルなアイドルが日本にも爆誕

“虹プロ”は日本を活動拠点とする新グループのプロジェクトだが、これまで日本のオーディション番組では見られなかった要素が満載だ。例えばオーディションの参加資格として、国籍不問でありながら「日本語のコミュニケーション能力」が求められている。これは韓国のほかに日本や台湾出身のメンバーを擁するTWICEや、韓国の音楽専門チャンネルMnetとAKB48グループのコラボによって誕生したIZ*ONEなどに見られる、昨今のK-POPアイドルのグローバル化・多様化を反映させている。

 実際に虹プロメンバーの国籍は日本、韓国、アメリカとさまざまで、バイリンガルやトリリンガルの参加者も多い。英語に堪能な参加者は英詞のオリジナルラップを披露することも。また、審査課題として出された韓国語の曲を練習するうえで、メンバー同士で韓国語の歌詞を教え合うなど、文化背景が異なるからこそエピソードも豊富で、ライバルであるはずの彼女たちが違いに助け合う姿は、単刀直入に言って尊すぎる。

 また、JYPをはじめとする韓国芸能事務所の練習生といったエリートだけでなく、日本のアイドル経験者、全くの未経験からアイドルを目指す者など、幅広いバックグラウンドを持つメンバーたちの「今っぽい」姿も魅力のひとつ。

 日本の若者にファッションやコスメなどの韓国カルチャーが大ブームとなっている今では、全国的にK-POPカバーダンスの大会が開催されていたり、K-POPに特化したダンススクールが増えていたりと“パフォーマンスもするファン”はポピュラーな存在だ。また、中高生のSNSではハングル文字のやり取りが盛んに行われている。虹プロでも、本格的なレッスンは未経験にも関わらず、日々憧れのK-POPアイドルの動画からダンスや歌のスキルを磨いた尾崎すず、K(韓国)ドラマ鑑賞による独学の韓国語を披露する平井桃伽など、K-POPに憧れる日本の10代女子の等身大の姿が収められている。

 参加者には未来の先輩であるTWICEに憧れてオーディションの応募を決意した者も多く、第一次合宿で審査員として立ち会ったTWICEの日本人メンバー・モモとサナを目の前にして涙を流す彼女たちの姿も印象的だった。日本人としてK-POPシーンの中心で活躍するモモやサナと、それに続かんとする虹プロメンバーによって、ガールズグループの系譜が受け継がれていく歴史的瞬間は必見だ。

 個性的なメンバーの人となりや交流をファンと共有することで、日本はもちろん韓国や中国、またブラジルなど各国のネットサイト上で“虹プロコミュニティ”が作成されるなど、グローバルな注目を集めている虹プロ。日本と韓国だけではなく、世界のかけ橋となる次世代アイドルの誕生に、はやくも期待が高まっている。

菅原S(すがはら・えす)

菅原S(すがはら・えす)

編集者、ライター。1990年生まれ。webメディア等で執筆。映画、ポップカルチャーを文化人類学的観点から考察する。

最終更新:2020/04/16 17:39

TWICEに続け!? K-POPメソッド踏襲の次世代アイドルオーディション“虹プロ”、グループ結成前なのにはやくも世界を席巻のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

問題案件連発でジャニーズ帝国崩壊!?

マッチの不倫や山下智久の退所などが重なり、ジャニーズの根幹がゆらぎ始めている…。
写真
人気連載

黒木瞳、大物実業家のバックアップも実らず

 2016年公開の映画『嫌な女』以来、女優・...…
写真
インタビュー

からし蓮根がたどり着いた熊本弁漫才

2画面左からボケの伊織とツッコミの杉本青空(撮影=荒熊流星)  ついに明日、今年のNo....
写真