日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > サイバー藤田社長のワンマンぶり

NHK『100カメ』AbemaTV企画をバシバシ却下する藤田晋社長のワンマンぶりをのぞき見!

文=寺西ジャジューカ(てらにし・じゃじゅーか)

 4月13日に『【ストーリーズ】のぞき見ドキュメント 100カメ』(NHK総合)が放送された。 

 ひとつの“場”に100台の固定カメラを設置し、人間の生態を観察するのがコンセプトのこの番組。今まで「週刊少年ジャンプ」編集部、株式会社ZOZOのデザイン部、Twitter Japanなどに密着してきたが、今回のぞき見したのはインターネットテレビ局・AbemaTVの内部である。

藤田社長がAbemaスタッフの企画を却下しまくる

 最初にのぞき見するのは、渋谷にそびえ立つAbema Towersの内部。社内で展開されるスタッフ同士の会話を聞くと、それだけで社風がわかるのが面白い。率直に言うと、チャラいのだ。ひげ脱毛の予約を入れ楽しみにしている男性スタッフがいれば、5秒ごとに手鏡で自分の顔をチェックする女性スタッフもいる。平均年齢はかなり低めで、ベテランプロデューサーが資料として持参した「an・an」(マガジンハウス)を本人がいない隙に勝手に持っていき、別の同僚に無断で又貸しする若者(プロジェクトマネージャー)もいたりする。縦関係は重視されず、私物=みんなのものという価値観が横行しているようだ。AbemaTVが手掛ける番組には恋愛リアリティショーがかなり多い。だからこそスタッフが若いのだろうし、だからこそこういう社風になったのだろう。

 AbemaTVでは、直接社長に企画をプレゼンする会議が定期的にある。なんと、2週に1度というハイペースで行われているらしい。題して「トンガリスト会議」。尖った企画以外は斬り捨てられるからこそのネーミングである。

 同社の社長といえば、誰? 言わずと知れた、サイバーエージェントの藤田晋氏だ。まずは、現在9つの番組を担当するベテランプロデューサー(さっき若手に「an・an」を取られたP)が藤田社長にプレゼンした。

ベテランP「『世界地下遺産』。ドキュメンタリー系で、世界の危ないとこだったり、ファーベラ(ブラジル貧困街)とかスラムとかマンホールタウンに行きつつ、それをめっちゃきれいなカメラで(映像に)残していくっていう」

藤田「こういうのってさあ、主体的に関わるより、撮れちゃったときに買うほうがいいような気がする」

ベテランP「わかりました……」

 テレビや映像に関して素人の藤田社長に、凡庸なアイデアを斬り捨てられたベテランP。確かに、『クレイジージャーニー』(TBS系)や『ハイパー ハードボイルド グルメリポート』(テレビ東京系)等でその手の映像は頻繁に見ているし、自社で撮るより買ったほうが手っ取り早いという判断は納得だ。それに、手あかがついた企画にも思える。でも、めげない。このPは、ほかにも企画を用意してきていた。

ベテランP「『ジョブアイランド』。島系のきれいなリアリティショーって鉄板であると思うんですけど、それのひとつです」

藤田「一貫性が足りない」

 やっぱり、AbemaTVって恋愛リアリティショーが多いんだな……。事実、それらの番組が視聴者数を伸ばしているから、そっちの方向へ進みがちなのだろう。

 続いて、高校生の恋愛リアリティショー『今日、好きになりました。』を担当する26歳の最年少女性Pに順番が回ってきた。

最年少P「いま、高校生が全員携帯に入れていると言われているZenly (GPSアプリ)を使った、最先端の大規模鬼ごっこです」

藤田「……ちょっと早いかな」

 流行に最速で飛びつくことが正義と思いきや、視聴者側に受け入れる土壌ができていないと判断した藤田社長。だから、「早い」という理由で企画は却下された。

 どうやら、トンガリスト会議では、ほとんどの企画が撃沈しているようだ。こうなると、逆にどんな企画にGOが出るのか知りたくなってくる。というか、テレビ制作を経験していない藤田社長の一言で、すべてのアリ/ナシが決まっていくのか……。

12

NHK『100カメ』AbemaTV企画をバシバシ却下する藤田晋社長のワンマンぶりをのぞき見!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

イチオシ企画

『LINE LIVE×雑誌サイゾー』グラビアモデルコンテスト2022開催!

『LINE LIVE』と『雑誌サイゾー』がコラボ「グラビアモデルコンテスト2022」開催
写真
特集

『鎌倉殿の13人』ドラマと史実の交差点

小栗旬、大泉洋、小池栄子、新垣結衣ら豪華キャストが出演、三谷幸喜作の大河ドラマと史実の交差点を読み解く
写真
人気連載

海老蔵、梨園での孤立ぶり際立つ

 13代目・市川團十郎白猿襲名公演の開催が延...…
写真
インタビュー

片寄涼太純度100%!

――サイゾーでは過去に小林直己さん(EXILE/三代目 J SOUL BROTHER...
写真