日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > ジャニーズ  > 山下智久、窪塚洋介のパクリ演技

山下智久、『野ブタ』再放送で露呈した“窪塚洋介のパクリ演技”が酷評祭りに!

文=日刊サイゾー

山下智久

 新型コロナウイルスの影響でドラマの再放送が多くなっているが、かなり古い作品となると、出演者も気恥ずかしい気持ちになるのではないか。

 日本テレビは延期となっている『未満警察 ミッドナイトランナー』(日本テレビ系)の穴埋めとして、KAT-TUN・亀梨和也と山下智久主演のドラマ『野ブタ。をプロデュース』を放送。4月18日の特別編第2話の平均視聴率は10.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録した。

 15年前の作品とあって、リアルタイムで観ていなかった人たちは興味津々だったようだが、ネット上では山下の演技について、「山下が池袋ウエストゲートパークの窪塚洋介のパクリにしか見えない」「野ブタの山下がIWGPの窪塚キングのパクリで痛々しい」「山Pには窪塚のようなぶっとんだ役は無理」といった声が多々見られた。

「『池袋ウエストゲートパーク』(通称I.W.G.P.)は2000年にTBS系で放送され、主演は長瀬智也、脚本は宮藤官九郎、チーフ演出を堤幸彦が務めた伝説のドラマ。脇役で出演した山下を始め、妻夫木聡、坂口憲二、小雪、佐藤隆太、阿部サダヲら出演者は放送後に人気が急上昇しています。とりわけ、注目を浴びたのがギャングのカリスマリーダーで通称キングを演じた窪塚洋介。『野ブタ』の山下は、語尾が『だっちゃ』『なり~』など、ヘラヘラしている高校生の役で、これが“キング”の模倣だとツッコまれているようです」(テレビ誌ライター)

 山下といえば、ドラマ『クロサギ』(TBS系)、『コード・ブルー』(フジテレビ系)などの主演ヒット作で知られているが、ドラマ関係者は彼の演技をこう評する。

「山下は表情のバリエーションが乏しいんですよ。『クロサギ』や『コード・ブルー』のようなクールで無愛想なキャラならばなんとなくごまかせるのですが、個性的な役の場合は、演技の幅に限界がある。当時の山下の頭の中では“個性的=窪塚のキング”のイメージが強くあったため、それが役作りに表れてしまったのかもしれません」

 山下も、まさか15年後に酷評されるとは思ってもいなかっただろう。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/04/22 21:00

山下智久、『野ブタ』再放送で露呈した“窪塚洋介のパクリ演技”が酷評祭りに!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

今日はお笑いの日!

お笑いコラムを一挙放出!
写真
人気連載

和田アキ子『わだ家』閉店

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、4月1...…
写真
インタビュー

YENTOWNの軌跡(後編)

 YENTOWNが2020年で結成5年目を迎えた。東京を拠点に結成されたこのヒップホ...
写真