日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 芸能リポーターが“廃業危機”

「放送枠自体もどんどん短く…」不要不急の外出自粛で芸能リポーターが“廃業危機”に!

文=日刊サイゾー

イメージ画像

 芸能情報の舞台裏をリポート、解説する「芸能リポーター」が昨今の社会情勢から“廃業危機”に瀕しているという。

「今、レギュラー番組として通常営業しているのは報道、情報の生放送の番組だけで、バラエティー、ドラマ番組は収録がストップしたまま。今後のスケジュールは全く見えておらず、すでに傑作集や再編集などでしのいでいる番組も多々、見受けられます」(在京テレビ局関係者)

 多くの芸能リポーターが出演するのは「報道・情報番組」のため、一見、今回の影響は受ける可能性は少ないとみられていたが、実はそうでもない。

「取材対象者やイベントの多さなどから、芸能リポーターの大半は東京都内在住者なんです。ところが、政府から緊急事態宣言が発令されて以降、不要不急の外出自粛が言われています。また、テレビ朝日『報道ステーション』で罹患者が出たこともあり、報道・情報番組もどんどんリモート出演が進んでいる。ところが、芸能リポーターは在京テレビ局以外の場合、現地のテレビ局で生解説をしてはじめて、仕事が成立するという側面がある。

 局によっては構成作家もいないので、解説に必要なフリップ、CGの大まかなコンセプトや構成を決めたりするのもリポーターだったりするんです。そんな人たちを今、東京から名古屋、大阪、札幌に呼ぶのは事実上、不可能。芸能コーナーの放送枠自体もどんどん短くなっている中、一部では5月以降、番組出演がない場合は出演料がゼロという番組もあるようです」(同)

 芸能リポーターといえば全体的に高年齢化、後継者不足が指摘されて久しいが、このままでは本当の意味で消滅してしまいそうだ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/04/30 12:00

「放送枠自体もどんどん短く…」不要不急の外出自粛で芸能リポーターが“廃業危機”に!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

また週刊誌上でレスバ!? 眞子さまと小室圭さんの結婚どうなる?

眞子さまとの結婚が内定している小室圭さんが自身の問題について文章を公表。その内容に賛否が渦巻いている……。
写真
人気連載

オードリー若林、ラップを粗品に褒められ喜び

 こんにちは。ラジオ書き起こし職人のみやーん...…
写真
インタビュー

永尾まりや、続・グラビア宣言

 元AKB48で現在は女優、タレントなど多方面で活躍している永尾まりやさん。とりわけ...
写真