日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 前田忠明、フジと契約終了

芸能リポーターに曲がり角!? 前田忠明、3月いっぱいでフジテレビとの専属契約が終了

文=日刊サイゾー

イメージ画像

 テレビ離れや芸能界に対する不信、芸能人の“小粒化”などにより、一昔前に比べると盛り上がりに欠ける芸能ジャーナリズムの世界。

「昭和の時代であれば世間の大きな注目を集めた人気芸能人の熱愛や結婚・離婚などもインターネット上で瞬間的な反応はあっても、すぐに旬が過ぎ、ほとんど部数増には結び付きません。その中でも強いて反響があるネタを挙げるとすれば、薬物事犯による逮捕などの事件ネタ、昨今はやりの不倫ネタくらいでしょうか」とため息をつくのは週刊誌のデスク。

 こうした影響もあって日に日に存在感が薄れ、もはや絶滅危惧種と化そうとしているのが芸能リポーターだ。

「ワイドショー全盛の時代には梨元勝さんを筆頭に数多くの芸能リポーターが活躍していましたが、今では民放キー局の番組でその姿を見ることはほとんどなくなりました。ワイドショーが存在し、高視聴率を獲っていた頃は、各局とも年間契約として1,000万円以上のギャラを払い、女性週刊誌の記者などから転身した専属の芸能リポーターを抱えていたものですが、ワイドショーがなくなり芸能情報を扱う番組が少なくなってきたことが大きいでしょう」(民放テレビ局の情報番組スタッフ)

 さらに、テレビ不況による各局の厳しい懐事情もこうした流れに拍車をかけているという。

「番組予算が削られる中、最近はスポーツ紙のデスクや記者が出演するケースも増えていますが、彼らに関しては自社の宣伝も兼ねての出演ということで、芸能リポーターに比べるとギャラも格段に安く抑えられますしね。フジテレビとサンケイスポーツのように、もともと民放各局は系列会社にスポーツ紙があることも多く、パイプもありますからね」(前出の番組スタッフ)

12

芸能リポーターに曲がり角!? 前田忠明、3月いっぱいでフジテレビとの専属契約が終了のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

番組改革大失敗!?『バイキング』のやばい裏側

数々のタレントや実業家と浮名を流してきた石原さとみがついに結婚! お相手はやっぱりただの“一般人”じゃなかった?
写真
人気連載

菅内閣が目指す「恐怖政治」「警察国家」

今週の注目記事・第1位「コロナワクチンを娘や...…
写真
インタビュー

若者へのドリーム・ハラスメント

「夢を持て」とよく言われる。しかし、夢を叶えられる人ばかりではないし、社会経験もない...
写真