日刊サイゾー トップ > カルチャー > 映画  > ジェームズ・キャメロン、続編映画の巨匠
ライター・加藤よしき推薦

「続編」こそ映画の華!(?)ジェームズ・キャメロンは”2映画”の大巨匠だ【自粛中だから見たい景気がいい映画3選】

文=加藤よしき

 新型コロナウイルス感染拡大を受け、ゴールデンウィークにもかかわらず自粛を強いられれている我々に残された最後の(?)娯楽、それが「おこもり映画鑑賞」である。こんな時期だからこそ見たい「否が応でも免疫が上がりそうな景気のいい映画」を好事家たちが紹介する! 初回はライター・加藤よしき氏が究極の3本を選出。

「2」映画といえばジェームズ・キャメロン(Getty Imagesより)

 映画で最も景気がいいジャンルは「2」である。つまり何かの続編だ。「1」が面白かったから「2」ができるのだし、「1」が売れたのだから「2」ができる。基本的に「1」よりも予算は増え、「1」よりスケールも大きくなる。よって、映画で最も景気のいいジャンルは「2」映画なのだ、と私は主張したい。『マッド・マックス2』(1981年)、『ダイ・ハード2』(90年)、『スパイダーマン2』(2004年)、『ダークナイト』(08年)、『死霊館 エンフィールド事件』(16年)……こうした有名どころだけでも、挙げだすとキリがないほどだ。「2」映画は景気のいい映画の金脈だと言えるだろう。

 今はいろいろと厳しい時期である。そんな時だからこそ、基本的に景気のいい「2」映画の中から、定番の3本をご紹介したい。いずれも配信サイトで比較的簡単に観ることができるし、世界中で愛されてきた3本だ。すでに何回も観たという人も多いだろう。しかし未見の方や、「あの映画、何年か前に観たっきりだな」という方は、これを機に見直してあげてほしい。ともかくどんな形であれ、この記事が自宅籠城の一助となれば幸いである。

『エイリアン2』アマゾンプライム・ビデオ(有料レンタル)/U-NEXT/dTVほか

 まずは「2」映画界の巨匠、ジェームズ・キャメロンから1本を選ぼう。「2」映画を語るうえでキャメロンは欠かせない。『エイリアン2』(86年)と『ターミネーター2』(91年)を監督し、『ランボー2』(85年)にも脚本で参加、本人的には黒歴史の初監督作品『殺人魚フライングキラー』(81年)も続編(前作『ピラニア』)と、まさに「2」映画界の巨匠である。

 そんな彼の映画でオススメしたいのは、ド定番の『エイリアン2』だ。公開時の宣伝コピーからして「今度は戦争だ!」と抜群に景気がいい。エイリアンと宇宙海兵隊のド迫力バトル、そして手に汗握るサスペンスと、ラストバトルの景気のよさは絶品。後世への影響も絶大で、今なお「『エイリアン2』っぽい作品」は作られ続けている。

 まさに名作中の名作だが、実は撮影中はトラブル続きだった。英国での撮影が遅れていたとき、現地スタッフが紅茶休憩を主張してキャメロンがマジギレ。彼はこの手のトラブルが多く、『タイタニック』(97年)でも彼を恨んだ何者かが現場メシにドラッグを混入。数十人が爆笑したり号泣したりしながら病院へ運ばれた。

12

「続編」こそ映画の華!(?)ジェームズ・キャメロンは”2映画”の大巨匠だ【自粛中だから見たい景気がいい映画3選】のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

NEWS手越祐也、崖っぷち!

相次ぐスキャンダルに滝沢激怒、ジャニーズ退所も現実味!?
写真
人気連載

エガちゃんねるスタッフ離脱のワケ

敏腕YouTubeライターと日刊サイゾー新米編集...…
写真
インタビュー

“バズる学生芸人”に聞く

 今、お笑い第7世代といわれる人たちを中心にお笑いブームが盛り上がる中、それに伴い「...
写真