日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 斎藤工推薦の映画が玄人すぎ
『沼にハマってきいてみた』レビュー

『沼にハマってきいてみた』斎藤工推薦の映画が、まるでEテレ向きじゃない件

文=寺西ジャジューカ(てらにし・じゃじゅーか)

NHK『沼にハマってきいてみた』

 4月27日の『沼にハマってきいてみた』は(Eテレ)は前週に引き続き、家の中でできるいろんな楽しみを提案する特別編が生放送された。

 MCのサバンナ・高橋茂雄と桜井日奈子はテレビ電話によるリモート出演だ。これは先週の放送と同様の形式だが、異なるのは両者ともにインカムマイクを装着しているということ。このリニューアルのおかげで、音声が格段に聴こえやすくなった。新型コロナ感染拡大防止に取り組むテレビ業界の進歩をリアルタイムで見ていると実感する。

誘惑の多い自宅で集中を促してくれるアプリ

 前回 に引き続き、「学び」や「好奇心」をテーマに数々のコンテンツを生み出すウェブメディア「QuizKnock(クイズノック)」がゲスト出演した。

 番組は「外出できない今だからこそ家で達成したいこと」をテーマに視聴者から投稿を募っており、その中に「勉強をしているとついスマホをさわってしまいます。集中力を上げるにはどうしたらいいですか?」という質問があった。QKが対処法としてオススメしたのは「Forest」というアプリである。タイマーをセットすると木が育っていき、途中でほかのアプリに切り替えると枯れてしまうという仕組み。木を枯らさないようユーザーはスマホに触らないようになり、作業への集中を促すのが狙いである。筆者も「Forest」は使ったことがあり、誘惑を断ち切る効果は確かにあった。いい集中方法だと思う。QKはほかにも「“今日は漢字50個覚えます!”とSNSで宣言して取り返しの付かない状況にし、自分を追い込む」という案も紹介した。これもナイスアイデアだろう。

斎藤工のオススメ映画が明らかに視聴者向けじゃない

 続いて“芸能界きっての映画マニア”斎藤工がVTR出演、今だからこそ家で見られる映画を紹介してくれた。

「現在、新型コロナウイルスの影響でみんな大変な状況にあると思います。僕らがすべきことは、うつさない、うつらない意識。家にいるということです」(斎藤)

「在宅を豊かにする心のインフラは映画」と説く斎藤が、とっておきの作品を紹介してくれるらしい。それは、以下の4本だった。

・『GO』(主演:窪塚洋介、監督:行定勲)
「主人公の杉原はコリアンジャパニーズ、いわゆる在日です。彼がこの日本で自分の居場所をマイノリティとして探していく姿。恐らく、多くの方が今の自分の置かれている状況とリンクするんじゃないかと思います。クローズな状況の中で、何を光として見いだしていくのか」(斎藤)

・『HOUSE ハウス』(主演:池上季実子、監督:大林宣彦)
「問題作でもあるんですね。それくらい映像が画期的だった。いろんなコンプライアンスとか規制を気にし出すとお利口な映画はたくさん生まれると思うんですけど、そういった概念を超えたところで、大林さんの本当に表現したいものをフルスイングしています」(斎藤)

・『ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ』(監督:ガイ・リッチー)
「とにかく、伏線回収が小気味いい! そして、音楽、映像のセンスがずば抜けています。『GO』の脚本家でもある宮藤官九郎さんもガイ・リッチーの影響を受けて、“日本のガイ・リッチーになりたい”って公言しているぐらい。今見ても全然古くない映像感覚をぜひ楽しんでいただきたいなと思います。最高です」(斎藤)

・『わたしはロランス』(監督:グザヴィエ・ドラン)
「(DVDのジャケットを指して)カラフルな洋服が降ってるんですね。これ、感情表現なんです。あと、手紙を読んでいると内容とリンクして大量の水が降ってきたり、それが全部不自然じゃないんですね。人間の感情の先にある表現としてとても斬新で画期的なんですが、どこか腑に落ちる」(斎藤)

 さすが斎藤だ、いい作品ばかりをオススメしてくれた。ちなみに、この沼ハマを主に見ているのは小中高生。そんなEテレの番組で、堂々と『HOUSE ハウス』のような問題作を推薦してどうしようというのだろうか? この遠慮のなさ加減がいかにも斎藤、つくづく期待を裏切らない男である。あと、自分が撮った映画は推薦しないんだな……。

 もうひとつ気になった点は、VTR出演した斎藤がいた場所だ。背景の棚にとんでもない数の映画DVDが収納してあった。冗談抜きで、今すぐレンタルDVDショップが開店できそうな程。あれは彼の自宅なのだろうか? だとしたら、恐れ入る。大好きな映画に囲まれ、大好きな映画を紹介しているから、愛情たっぷりのプレゼンになったのだろう。

「斎藤工さんがいた場所の後ろにある棚のDVD、何を置いてあるのか全部教えてほしかったー!」(高橋)

 また、この日は桜井が部屋着を着ている秘蔵写真も紹介された。高校1年生のときに母親から買ってもらい、8年間も着続けている部屋着だそうだ。

高橋「8年着てたらだいぶ毛玉付いてるやろうな」

桜井「はい、もういっぱい付いています(苦笑)」

 在宅を豊かにしなければいけない今、率直に眼福だった。ありがたい。

寺西ジャジューカ(てらにし・じゃじゅーか)

寺西ジャジューカ(てらにし・じゃじゅーか)

1978年生まれ。得意分野は、芸能、音楽、格闘技、(昔の)プロレス系。『証言UWF』(宝島社)に執筆。

記事一覧

サイト:Facebook

最終更新:2020/05/06 16:00

『沼にハマってきいてみた』斎藤工推薦の映画が、まるでEテレ向きじゃない件のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

問題案件連発でジャニーズ帝国崩壊!?

マッチの不倫や山下智久の退所などが重なり、ジャニーズの根幹がゆらぎ始めている…。
写真
人気連載

女性の意識の変化を描いた小津安二郎

ドラマ『チャンネルはそのまま!』(HTB)や...…
写真
インタビュー

コント師・ロングコートダディ

最近お笑いの賞レースで、ロングコートダディの名前を見る機会が増えた。「脱力系」「とらえど...
写真