日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 窮地のオスカープロが人員整理か

米倉涼子らの離脱で窮地のオスカープロ、売れないタレントの“人員整理”に着手か

文=田中七男

米倉涼子

 大手芸能事務所オスカープロモーションに所属していた、タレントの岸明日香が1日、同事務所を退社し、しばらくはフリーで活動することを報告した。

 岸はモデルとして芸能界デビューし、ドラマ、映画、バラエティ番組などで活動した後、2018年6月にオスカーに移籍。16年からスタートした『警視庁ゼロ係~生活安全課なんでも相談室~』シリーズ(テレビ東京系)、『大恋愛~僕を忘れる君と』(TBS系)などに出演したが、正直チョイ役が多く、一般的には顔と名前が一致しない、ほとんど“無名”なレベルのタレントだ。

 ここで見え隠れするのが、今後、同事務所が稼げない所属タレントたちを“人員整理”するのではないかとの点だ。

「オスカーでは3月いっぱいで社長職から退いた創業者の古賀誠一会長の娘婿が専務に就任し、パワハラ問題が浮上。それが引き金となったのか、大量の社員、タレントが退社しました。ここ最近では、草刈民代、忽那汐里、ヨンア、岡田結実らが辞めましたが、オスカーにとって、大きな痛手となったのがエースである米倉涼子の離脱です。

 たいした稼ぎがないタレントに辞められても、痛くはないですが、米倉の退社はかなり厳しい。それに続くのが、上戸彩、武井咲といったところですが、いずれも育児優先で、仕事を大幅にセーブしているため、戦力になっていない。

 小芝風花、田中道子、河北麻友子、藤田ニコル、堀田茜らががんばってはいますが、彼女たちのレベルでは、会社の屋台骨を支えるまでに至らない。こうなってくると、売れていないタレントまで面倒見る余裕がなくなります。従って、コスト削減のため、リストラを敢行していく可能性は十分。いい商品がいなくなれば、業界での立場でも弱くなりますし、“オスカー帝国”は崩壊していくしかないんじゃないでしょうか」(芸能プロ関係者)

 岸が人員整理されたのか、自主的にやめたのかは定かではないが、今後も同事務所をやめていくタレントが後を絶たないだろう。

最終更新:2020/05/04 22:00

米倉涼子らの離脱で窮地のオスカープロ、売れないタレントの“人員整理”に着手かのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

タッキー革命新章突入!? ジャニーズはどうなる?

不祥事タレントを容赦なく切り捨て、Jr.の年齢制限まで勃発…ジャニーズはどうなる!?
写真
人気連載

東方神起・ユンホ“19禁MV”の凄味

────劇場か、配信か。映画の公開形態はこのどち...…
写真
インタビュー

『パラサイト』ポン・ジュノ登場!

 現実に起きた連続猟奇殺人事件を題材にした『殺人の追憶』(03年)、泣ける怪獣映画『...
写真