日刊サイゾー トップ > カルチャー  > 「オネエことば」翻訳の違和感【2】

この訳は問題か?――差別語の翻訳の難しさとは

文=古澤誠一郎

この訳は問題か?――差別語の翻訳の難しさとはの画像1
『最新 差別語・不快語』(にんげん出版)

※「オネエことば」翻訳の違和感【1】——『クィア・アイ』とゲイと女言葉翻訳の問題

 今の時代、「ホモ」「レズ」といった言葉が侮蔑語にあたる……ということは多くの人が認識しているだろう。だが洋画や海外ドラマの字幕では、字数節約のためか、レズビアンを「レズ」、ホモセクシュアルを「ホモ」と訳してしまうなどして、非難を浴びるケースが時々ある。「当事者からすれば、映画やドラマの役で保守的な人が差別用語として使うときなどを除けば、100%アウトと言いたい訳語です」とよしひろ氏。今井氏も同様の指摘をしつつ、「レズビアンも短くするなら『ビアン』と訳すべきですね。ただ、『ビアン』だと通じない人が多いのも悩みどころです」と続ける。

『クィア・アイ』では、一般的には「同性愛嫌悪」などの訳語があてられる「ホモフォビア(Homophobia)」を「ホモ嫌い」という訳語があてられており、批判をする人もいたが、よしひろ氏は「問題のない訳語なのでは」と話す。

「私たちみたいな当事者で、人権活動のことも見知っている人は『フォビア』と言われただけで通じるけど、それじゃピンとこないでしょ? 『同性愛嫌悪』でもわからない人が多いと思うし、『ゲイ嫌い』だとレズビアンが除外されてしまう。訳した人もいろんな可能性を考えた上で、この訳を選んだはずです」(よしひろ氏)

 こうした背景を知ると、侮蔑語や差別用語が字幕に出てきただけで「この訳は問題だ!」と騒ぐ気もなくなるだろう。違和感のある訳語が出てきた場合は、「どうしてこの訳が選ばれたのか」と想像すると、また新しい発見があるはずだ。

「サイゾー」2019年11月号より

最終更新:2020/05/06 03:32
関連キーワード

この訳は問題か?――差別語の翻訳の難しさとはのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る
トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

「クリティカル・クリティーク 」気鋭の文筆家によるカルチャー時評

フィメール・ラッパーをはじめ、さまざまなカルチャーにまつわる論考を執筆気鋭の文筆家・つやちゃんによるカルチャー時評
写真
特集

元関係者語るボイメン平野

 今年の5月22日にKing & Prince(以下:キンプリ)脱退、そしてジャニーズ事務所を退社することが決まっている平野紫耀。  2022年1...…
写真
人気連載

ダイアン津田「名探偵」の正解

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
UPCOMING

クリエイティブな次世代モデル・MONICA

 アップカミングなあの人にインタビューする連載「あぷ噛む」。第1回目は、モデルのMONICAにインタビュー。11月とは思えないほど暖かいある日の昼...…
写真