日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > ドラマ『M』便乗できない若手

浜崎ドラマ『M』の勢いに便乗できなかったエイベックス若手アーティストが大惨事

文=日刊サイゾー

イメージ画像/出典:BrianMcguffog

 歌手・浜崎あゆみのシングルコレクション・アルバム『A COMPLETE ~ALL SINGLES~』が、5月18日付の「オリコン週間デジタルアルバムランキング」(集計期間4~10日)で1位を獲得した。

 週間DL数は1486DLで、累積DL数が7万9806DLとなり、前週の3位から1位に上昇。デジタルアルバムランキングでは自身初の1位となった。

 同アルバムは、2008年9月22日付の「オリコン週間アルバムランキング」で1位を獲得したシングルコレクション・アルバムのデジタル版で、デビュー10周年を記念し、シングル曲43曲をリマスタリング収録。浜崎の自伝的小説をドラマ化した『M 愛すべき人がいて』(テレビ朝日系)の主題歌「M」も収録されている。

「4月18日にドラマがスタートすると、徐々にランキングを上げてきた。ドラマは田中みな実アナの怪演などがネット上で話題になっているため、おそらく、リアルタイムで浜崎を知らない若者世代も聴くようになったのでは」(音楽業界関係者)

 すっかり、ドラマの勢いに便乗した浜崎。一方、同ドラマで浜崎がモデルの主人公で歌姫に上り詰めるアユを演じる歌手・安斉カレンらエイベックスの新世代アーティスト8組17人が、90~00年代の同社のヒット曲をカバーしたコンピレーションアルバム『avex revival trax』が13日に発売されたのだが……。

「売りはオリジナルとそっくりなミュージックビデオで、先月30日からYouTubeで公開。安斉のほか『M』に出演しているアーティストも参加。ドラマの勢いに便乗しようというのが見え見えだった。ところが、発売初日のオリコンデイリーランキングは17位と大惨敗。ドラマの劇中で歌われた曲もカバーされているが、浜崎以外の歌う曲は受け入れられなかったようだ」(芸能記者)

 安斉も含め、若い世代のアーティスト育成は同社が抱える大きな課題のようだ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/05/16 07:00

浜崎ドラマ『M』の勢いに便乗できなかったエイベックス若手アーティストが大惨事のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

女優・宮下かな子が送るサブスクエッセイ

宮下かな子さんがサブスクで観た作品を元に、俳優の日常を綴るエッセイ連載
写真
特集

夏枯れ? 豊作? 夏ドラマをチェック!

『石子と羽男』『競争の番人』『オールドルーキー』etc…夏ドラマをチェック
写真
人気連載

『鎌倉殿』とは大きく違う史実の全成

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
インタビュー

あらびき団に出ているだけでは売れない……

『HITOSHI MATSUMOTO Pre...…
写真