日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 指原莉乃ら自由すぎて出禁の面々

辛坊治郎だけじゃない!? 指原莉乃、くっきー…自由すぎて「出禁」を食らった面々

文=日刊サイゾー

指原莉乃

 有名人といえど、主催者の意にそぐわなかった場合、「出禁」の措置が取られるケースがある。

 5月12日に放送された『情報ライブ ミヤネ屋』(日本テレビ系)にて、ニュースキャスターの辛坊治郎が唐突に、「私、他局のワイドショーでですね、言うべきことを言ったら、ほぼ出入り禁止になったらしくてですね」とコメントし、話題を呼んでいる。

「番組名は明かされませんでしたが、ネット上では多くの人が『グッとラック!』(TBS系)を想像したようです。辛坊氏は3月30日出演した際、自粛要請中に“花見”を行った安倍昭恵氏について、『妻がしたことに夫が責任取れるんですか』と、司会の立川志らくに詰め寄っていました。志らくは妻の不倫が週刊誌で報じられており、案にその話題と掛け合わせたのでしょう。志らくはタジタジになっていましたが、内心はかなり腹を立てていたはずですよ」(テレビ誌ライター)

 コメンテーターの出禁といえば思い出されるのが、2012年に『5時に夢中!』(TOKYO MX)に出演していた漫画家の西原理恵子だ。

「番組は下ネタが飛び交うことも多いのですが、西原氏が『ま○こ』と発したことに同局の幹部が激怒し、番組から降板させた。これに番組スポンサーで西原氏の交際相手である高須クリニック・高須克弥氏が番組スポンサーを降りる事態に発展しています」

 意外なところに目を向ければ、1月6日放送の『しくじり先生 俺みたいになるな!!』(テレビ朝日系)では野性爆弾・くっきー!がある女子大を出禁になった下積み時代を述懐している。

「デビュー5年目に女子大の学園祭でネタを披露。女性から逃げ出した男性が鍾乳洞に迷い込むというコントで、鍾乳洞の中で聞こえる『チュピーン、ポトン』という水滴の落ちる音が『局部をチュピンと切ってポトンと落とす音』という内容だったそう。以来、毎年呼ばれていた吉本芸人にお呼びがかからなくなったといいます」(前出・テレビ誌ライター)

 日本武道館に出禁を食らったのが指原莉乃。トップアイドルの彼女がいったいなぜ?

「指原は自身がプロデュースするアイドルイベントの開催を計画し、武道館に予約を入れていた。ところが何度もスケジュール変更を繰り返したため、『指原さんの予約は受けられません』と断られてしまったとか。そのイベントはいまだ行われないままです」(アイドル誌ライター)

 いずれの御仁も、自由すぎたため、反感を買ってしまったようだ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/05/17 10:30

辛坊治郎だけじゃない!? 指原莉乃、くっきー…自由すぎて「出禁」を食らった面々のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

NEWS手越祐也、崖っぷち!

相次ぐスキャンダルに滝沢激怒、ジャニーズ退所も現実味!?
写真
人気連載

トウガラシ名産地の珍なる町おこし

 韓国の町おこしが熱い。以前この連載でも、特...…
写真
インタビュー

猫ひろし、まさかの東京五輪2020延期で選手生命の危機!?

 新型コロナウイルス感染拡大の騒動により、すっかり忘れ去られてしまった感のある東京オ...
写真