日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 箕輪厚介を出演させた日テレ

「セクハラ報道」箕輪厚介を出演させた日テレ『スッキリ』の不可解なコンプライアンス基準

文=日刊サイゾー

日本テレビ公式サイトより

 テレビから消えることになるのか?

「文春オンライン」が5月16日、幻冬舎の有名編集者・箕輪厚介氏のセクシャルハラスメント疑惑を報じた。箕輪氏は、下請けの女性ライターに性的な関係を迫っていたという。

「記事で女性ライターが証言したところによると、箕輪氏から仕事の依頼を受けて2週間くらいした頃、突然『家に行きたい!』『絶対変なことしないから!』『仕事を手伝うだけ』とメッセージが送られてきたとのこと。女性は最初、断っていたものの、相手は発注元の編集者であるため、立場的に拒否し続けることができず、仕方なく家にあげた。すると、箕輪氏はコタツに腰を落ち着けるなり、『触っていいですか?』『キスしませんか?』と強引に体を触ってきたといいます」(週刊誌記者)

 箕輪氏は既婚者。その上、編集者とライターという上下関係を背景に性的関係を迫るのは、明らかにセクハラ。ところが、箕輪氏はレギュラー出演している『スッキリ』(日本テレビ系)に19日も登場し、騒動には触れず、通常運転だった。

「日テレは直近の話でもないということで、ひとまずは様子見で済ませておこうと判断したようです。日テレといえば、『news zero』がリニューアルされた際、有働由美子アナの相棒として内定していた男性キャスターが女性局員にセクハラしたことで異動となった。また、最近では『深層NEWS』のキャスターを務めていた辛坊治郎氏が番組スタッフにパワハラしたと1月に報じられ、3月に降板となっている。被害者が局員であれば素早い処分を下す一方、局員でなければ問題なしというスタンスであれば、世間から“おかしい”との批判が飛び交うのも当然でしょう」(芸能関係者)

 先日にはナインティナイン・岡村隆史が女性蔑視で謝罪するも、今も批判は鳴りやまない状況。箕輪氏が今後もコメンテーターとしてメディアへの出演を続けるのであれば、自らの口で疑惑を釈明することが不可欠だろう。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/05/20 11:03

「セクハラ報道」箕輪厚介を出演させた日テレ『スッキリ』の不可解なコンプライアンス基準のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

朝ドラ離れ加速!?『ちむどんどん』レビュー

NHKの朝ドラとしては珍しく賛否の否がうずまく『ちむどんどん』をなんとか楽しむレビュー!
写真
特集

夏枯れ? 豊作? 夏ドラマをチェック!

『石子と羽男』『競争の番人』『オールドルーキー』etc…夏ドラマをチェック
写真
人気連載

北条家の残忍さが発揮される比企能員の乱

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
インタビュー

エルフ荒川「吉本芸人はみんなギャル」

新型コロナに戦争、円安、物価高騰──暗い話題が多...…
写真