日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 箕輪厚介を出演させた日テレ

「セクハラ報道」箕輪厚介を出演させた日テレ『スッキリ』の不可解なコンプライアンス基準

文=日刊サイゾー

日本テレビ公式サイトより

 テレビから消えることになるのか?

「文春オンライン」が5月16日、幻冬舎の有名編集者・箕輪厚介氏のセクシャルハラスメント疑惑を報じた。箕輪氏は、下請けの女性ライターに性的な関係を迫っていたという。

「記事で女性ライターが証言したところによると、箕輪氏から仕事の依頼を受けて2週間くらいした頃、突然『家に行きたい!』『絶対変なことしないから!』『仕事を手伝うだけ』とメッセージが送られてきたとのこと。女性は最初、断っていたものの、相手は発注元の編集者であるため、立場的に拒否し続けることができず、仕方なく家にあげた。すると、箕輪氏はコタツに腰を落ち着けるなり、『触っていいですか?』『キスしませんか?』と強引に体を触ってきたといいます」(週刊誌記者)

 箕輪氏は既婚者。その上、編集者とライターという上下関係を背景に性的関係を迫るのは、明らかにセクハラ。ところが、箕輪氏はレギュラー出演している『スッキリ』(日本テレビ系)に19日も登場し、騒動には触れず、通常運転だった。

「日テレは直近の話でもないということで、ひとまずは様子見で済ませておこうと判断したようです。日テレといえば、『news zero』がリニューアルされた際、有働由美子アナの相棒として内定していた男性キャスターが女性局員にセクハラしたことで異動となった。また、最近では『深層NEWS』のキャスターを務めていた辛坊治郎氏が番組スタッフにパワハラしたと1月に報じられ、3月に降板となっている。被害者が局員であれば素早い処分を下す一方、局員でなければ問題なしというスタンスであれば、世間から“おかしい”との批判が飛び交うのも当然でしょう」(芸能関係者)

 先日にはナインティナイン・岡村隆史が女性蔑視で謝罪するも、今も批判は鳴りやまない状況。箕輪氏が今後もコメンテーターとしてメディアへの出演を続けるのであれば、自らの口で疑惑を釈明することが不可欠だろう。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/05/20 11:03

「セクハラ報道」箕輪厚介を出演させた日テレ『スッキリ』の不可解なコンプライアンス基準のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[呂布カルマ]ゲオの骨伝導ワイヤレスイヤホン体験インタビュー

グラビアディガーが○○鑑賞中の“まさか!?”を回避できる骨伝導ワイヤレスイヤホン
写真
特集

注目作が目白押しの秋ドラマ

大作、話題作、ダークホース……注目作が目白押しの秋ドラマをチェック!
写真
人気連載

ハライチ・岩井、スピッツを熱弁

 こんにちは。ラジオ書き起こし職人のみやーん...…
写真
インタビュー

氷室京介を独自に更新した DEATHRO

 ライブハウスのみならず、公園、レストラン、バー、市民会館、うどん屋、ダムなどをスタ...
写真