日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 箕輪厚介を出演させた日テレ

「セクハラ報道」箕輪厚介を出演させた日テレ『スッキリ』の不可解なコンプライアンス基準

文=日刊サイゾー

日本テレビ公式サイトより

 テレビから消えることになるのか?

「文春オンライン」が5月16日、幻冬舎の有名編集者・箕輪厚介氏のセクシャルハラスメント疑惑を報じた。箕輪氏は、下請けの女性ライターに性的な関係を迫っていたという。

「記事で女性ライターが証言したところによると、箕輪氏から仕事の依頼を受けて2週間くらいした頃、突然『家に行きたい!』『絶対変なことしないから!』『仕事を手伝うだけ』とメッセージが送られてきたとのこと。女性は最初、断っていたものの、相手は発注元の編集者であるため、立場的に拒否し続けることができず、仕方なく家にあげた。すると、箕輪氏はコタツに腰を落ち着けるなり、『触っていいですか?』『キスしませんか?』と強引に体を触ってきたといいます」(週刊誌記者)

 箕輪氏は既婚者。その上、編集者とライターという上下関係を背景に性的関係を迫るのは、明らかにセクハラ。ところが、箕輪氏はレギュラー出演している『スッキリ』(日本テレビ系)に19日も登場し、騒動には触れず、通常運転だった。

「日テレは直近の話でもないということで、ひとまずは様子見で済ませておこうと判断したようです。日テレといえば、『news zero』がリニューアルされた際、有働由美子アナの相棒として内定していた男性キャスターが女性局員にセクハラしたことで異動となった。また、最近では『深層NEWS』のキャスターを務めていた辛坊治郎氏が番組スタッフにパワハラしたと1月に報じられ、3月に降板となっている。被害者が局員であれば素早い処分を下す一方、局員でなければ問題なしというスタンスであれば、世間から“おかしい”との批判が飛び交うのも当然でしょう」(芸能関係者)

 先日にはナインティナイン・岡村隆史が女性蔑視で謝罪するも、今も批判は鳴りやまない状況。箕輪氏が今後もコメンテーターとしてメディアへの出演を続けるのであれば、自らの口で疑惑を釈明することが不可欠だろう。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/05/20 11:03

「セクハラ報道」箕輪厚介を出演させた日テレ『スッキリ』の不可解なコンプライアンス基準のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

NEWS手越祐也、崖っぷち!

相次ぐスキャンダルに滝沢激怒、ジャニーズ退所も現実味!?
写真
人気連載

齋藤飛鳥、伊藤沙莉に完敗!

 女優・伊藤沙莉が、放送批評懇談会が選定する...…
写真
インタビュー

想田和弘監督、妻も仰天発言

『精神』『選挙』など、一切のナレーションやテロップを排したドキュメンタリーである「観...
写真