日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル  > アイドル事務所社長わいせつ提訴

ご当地アイドル・dela事務所社長のわいせつ訴訟で思い出される「カナヤマン事件」

文=日刊サイゾー

miuzic Entertainment公式サイトより

 アイドルになりたいという夢につけ込んだとしたら、なおのこと許されるものではない。

 2012年に名古屋で結成され、全国区の存在となったご当地アイドルグループ・dela。そのプロデューサーで、運営会社社長の中村浩一氏が、デビュー志望の女性に対して“わいせつカメラテスト”を実施し、訴訟トラブルとなっていることを5月21日発売の「週刊文春」(文藝春秋)が報じている。

「記事によると、dela加入を目指していたA子さんが、中村氏に330万円の支払いを求める民事訴訟を提起。彼女は中村氏から『カメラテストをしよう』と言われて、電車の中で痴漢するシーンを撮影されたそう。その際、中村氏はズボンの上から陰部を触らせてきたといい、下着姿になった中村氏は、彼女のブラジャーの中に指を忍ばせたり、彼女の尻を触ってきた。あげく彼女の抵抗を意に介さず、射精したというのです」(週刊誌記者)

 これには、ネット上でも「企画物AVみたいなことをガチでやるアホがいるとは」と呆れ声が飛び交っている。

 しかし、過去にもアイドル志望の女性たちを食い物にした“芸能プロ社長”が世間を騒がせたケースはある。中でも有名なのが「カナヤマン事件」だ。週刊誌記者が述懐する。

「2005年に児童福祉法違反などの容疑で当時50代の映像制作会社社長が逮捕されました。この男は、タレント志望の未成年の少女らに芸能プロの社長を名乗り、『デビューしたければ要求通りにしろ』と芸能界への憧れを利用してわいせつな行為を繰り返し、その様子をビデオに収めていた。作品は制服姿の女子高生や女子中学生を縛って犯すことが特徴で、撮影された素人少女たちの裏ビデオコレクションがネット上に拡散したものでした」

 中村氏は『文春』の取材にわいせつ行為については認めているというが、令和になっても芸能界から「闇」はなくならないのだろうか。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/05/23 06:06

ご当地アイドル・dela事務所社長のわいせつ訴訟で思い出される「カナヤマン事件」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

NEWS手越祐也、崖っぷち!

相次ぐスキャンダルに滝沢激怒、ジャニーズ退所も現実味!?
写真
人気連載

リアル記憶喪失体験マンガ

 マンガではよく「記憶喪失」、つまり主人公や...…
写真
インタビュー

岡野陽一『R-1』で刻んだ爪跡

 3月に行われた『R-1グランプリ』(関西テレビ系)決勝で、観覧客からひときわ大きな...
写真