日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > 板尾創路が「DMナンパ」

「わいせつ被害証言」板尾創路がマネた…吉本芸人“DMナンパ”で名前が出た3人

文=日刊サイゾー

吉本興業公式サイトより

 

 今や既婚者の不貞は“一発アウト”の風潮だけに、本人はさぞかし焦っていることだろう。

 2月11日の「文春オンライン」が、お笑い芸人・板尾創路からわいせつ行為を受けた一般女性Aさんの証言を掲載し、話題を呼んでいる。

「記事によると、2018年10月頃、Aさんがツイッターで板尾のことを『好き』とつぶやいたところ、本人から『好きと言われてうれしいです』というダイレクトメッセージ(DM)が送られてきたそう。その後、板尾はAさんを食事に誘いカラオケの個室で会うことに。酒も手伝ってか、板尾が強引にAさんに迫ったといいます。そんな板尾といえば、1994年に14歳少女との淫行で逮捕されるなど性的な不祥事がつきまとう。最近では17年に『ミスFLASH』に輝いたグラドルと不倫現場を報じらればかり。2人はラブホテルで3時間以上の休憩を楽しんだものの、彼女は『ラブホテルで映画を見ただけで男女関係はなかった』と不倫を否定しています。しかし、今回の報道を見ると、板尾の下半身がおとなしくなったとは思えなくなりましたね」(週刊誌記者)

 今回の報道で気になったのは“DMナンパ”という手口だ。過去には何度かお笑い芸人による“DMナンパ”が何らかのかたちで明らかになっている。しかも、いずれも吉本興業所属の芸人ばかりだ。

12

「わいせつ被害証言」板尾創路がマネた…吉本芸人“DMナンパ”で名前が出た3人のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

問題案件連発でジャニーズ帝国崩壊!?

マッチの不倫や山下智久の退所などが重なり、ジャニーズの根幹がゆらぎ始めている…。
写真
人気連載

『SUITS/スーツ』低視聴率ながら第3弾実現へ!?

 今年4月から放送されてきた俳優・織田裕二主...…
写真
インタビュー

鉄道で迫ったシベリア抑留の真実

 『桶川ストーカー殺人事件』『殺人犯はそこにいる』(新潮文庫)、『「南京事件」を調査...
写真