日刊サイゾー トップ > 社会 > 事件  > 蛭子能収アウトだった“賭け麻雀”

「テンピンは合法」黒川検事長がセーフで蛭子能収がアウトだった“賭け麻雀”の境界線

文=日刊サイゾー

イメージ画像/出典:tomohiro0326

 国会やメディアでは「犯罪者」扱いだが、世間からは同情論も多く聞かれる。

 東京高検検事長の黒川弘務氏5月21日発売の『週刊文春』にて賭け麻雀を報じられ、辞任となった。

 黒川氏は検事長の地位を追われたものの、処分は懲戒に当たらない訓告に留まり、約6000万円と見られる退職金も全額支払われるという。

 国会では「国民感情とかけ離れている」と批判が続出。メディアでもキャスターやコメンテーターが「賭け麻雀は違法」と声高に訴えている。

「とはいえ、黒川氏が行っていたレートはサラリーマンや学生でも主流となっている1000点100円のいわゆる『テンピン』。大勝ちしても大負けしても数万円程度ですから、“お遊び”の範囲とも言えます。厳密にいえば『賭博』に当たるのでしょうが、現実問題、追及しているメディアの社員も含め、世間の麻雀愛好家は全員『犯罪者』となってしまいます。街の雀荘はすべて摘発対象となってしまいますから、黒川氏の立場はあるものの麻雀ファンからは『厳しすぎる』との声が聞かれます」(週刊誌記者)

 さりとて、厳しすぎるという声があるものの、実際に、過去には賭け麻雀で逮捕された有名人もいる。

「元西武ライオンズ監督で野球解説者の東尾修は87年のシーズンオフに賭け麻雀を行ったとして書類送検されたほか、半年間の出場停止処分を受けました。また、漫画家の蛭子能収は98年に新宿の雀荘にいたところを警察に踏み込まれ、現行犯逮捕。容疑は、客として1000点200円の『テンリャンピン』で賭け麻雀をしていたというものでした。黒川氏が訓告に留まったことについて、森まさこ法務大臣は、レートがテンピンだったことは『高額と言えない』と答弁しています。そのため、麻雀好きの間では、『“テンピンであれば高額の賭博とは言えない”という指針が法務省から新たに示されたことは麻雀界にとって大きい』と歓迎されています」(前出・週刊誌記者)

 この線引きに蛭子は納得しているだろうか。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/05/23 12:12

「テンピンは合法」黒川検事長がセーフで蛭子能収がアウトだった“賭け麻雀”の境界線のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

新型コロナ第2波で芸能界も大混乱

新型コロナ第2波で芸能人も続々と感染…
写真
人気連載

内田有紀、マネジャーは柏原崇

 注目の医療系ドラマとして話題のNHK連続ド...…
写真
インタビュー

PANTA「頭脳警察」伝説

「3億円事件」の指名手配写真をジャケット画にしたデビューアルバムは発売中止、セカンド...
写真