日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 山田孝之自粛破り謝罪せぬワケ

山田孝之、たび重なる“自粛破り”発覚も謝罪コメントを出さないワケ

文=日刊サイゾー

山田孝之

 知事の来県自粛呼びかけを無視し、今月沖縄県に旅行に出掛けていたことを20日、ニュースサイト「文春オンライン」で報じられた俳優の山田孝之と新田真剣佑、モデルのNikiだが、21日までに新田とNikiは謝罪コメントを発表した。

 記事によると、山田は家族やモデルのNikiらを伴い、5月2週目から沖縄に滞在。新田は女性同伴だったそうで、同サイトの取材に山田、新田の所属事務所は事実関係を認め、謝罪。共に厳重注意したことを明かしていた。

 山下智久との交際を報じられるなど、もともと世の女性たちを敵に回していたNikiのSNSには批判が殺到。20日にツイッターで、「緊急事態宣言の中、私の軽率な行動により関係各所の皆様に多大なご迷惑をおかけし大変申し訳ございませんでした」と謝罪した。

 多くの女性ファンを抱える新田には、SNSで「もうファンやめる」など失望の声が浴びせられた。今後の活動への影響を危惧してか、21日にツイッターで「関係者の皆様に多大なご迷惑をおかけしたことをお詫び申し上げます。また、沖縄県民の皆様にも心から謝罪いたします」とコメント発表した。

「3人のSNSには、沖縄県民と名乗るネットユーザーからの批判も多く寄せられた。3人のうち新田とNikiは“集中砲火”を食らったが、山田はどうやらインスタグラムのコメント欄に制限をかけたようで、批判コメントの数がやけに少なかった。それどころか、所属事務所のスターダストプロモーション広報は、後追い報道しないよう、各メディアにお達ししたというからあきれます」(ワイドショー関係者)

 21日までに山田は謝罪コメントを発表せず。先月、銀座での豪遊を報じられたばかりで、またまた“自粛破り”となったが、謝罪させられなかった背景にはそれなりの理由があるようだ。

「山田は昨年、主演したNetflixの『全裸監督』が大当たりするなど、企画力もあるだけに所属事務所の中でトップランクの位置にいる。以前、独立をほのめかして揉めたこともあるので、事務所の幹部もスタッフもは山田の機嫌を損ねないように気を使っている。なので、山田に常識的な行動を求めても無駄でしょう」(テレビ局関係者)

 今回のスキャンダル対応で、改めて山田の事務所内での“VIP待遇”が露呈してしまったようだ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/05/22 21:30

山田孝之、たび重なる“自粛破り”発覚も謝罪コメントを出さないワケのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

『半沢歌舞伎』これにて終幕!

第2シーズンも大ヒットとなったドラマ『半沢直樹』。最終回から“ロス”が止まらない!?
写真
人気連載

「セカンドの7番」論と“ダウンタウン病”

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

『パラサイト』に瓜田純士は辛口

第92回アカデミー賞にて、ポン・ジュノ監督の『パラサイト 半地下の家族』が4冠に輝いた。...
写真