日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > AKB48グループ  > 乃木坂が握手会中止で売上激減

乃木坂46が握手会を中止! 特典なしCD発売なら“国民的アイドル”の座は剥奪に⁉

文=日刊サイゾー

乃木坂46

「Withコロナ」の世界でアイドルグループは生き残れるのだろうか。

 5月20日に乃木坂46、日向坂46がそれぞれ予定していた握手会の延期を発表。「大型イベントにおける感染リスクの危険性に伴い、6月いっぱいまでの握手会を全て延期」と説明している。

「AKB48や坂道グループであれば、握手会は巨大な会場で開かれ、万単位のファンが訪れますから、アルコール消毒やアクリル板くらいではとても対応しきれない。強行すれば、『疫病の恐怖と隣り合わせになってまでやることか』との批判を浴びることは確実。アイドルやファンの健康を考えると、ワクチンが開発されるまで開催は無理でしょう」(アイドル誌ライター)

 いまやアイドルグループにとって、握手会とCD発売はセットなだけに、このままでは新曲が発売できない状況。しかも、握手会なしでCDをリリースした場合、「不都合な真実」が明るみに出てしまうリスクがあるようだ。

「AKB48や坂道グループの場合、CDではなく握手券を買うという側面が強い。1人が50枚買うということもザラで、その結果ミリオンを達成し、国民的アイドルグループの地位を築いています。音楽業界では握手券がなければ、おそらく売り上げは多くて30万枚、グループによっては3万枚くらいになると囁かれています」(音楽ライター)

 過去には、握手会システムに疑問を持ったグループがある実験を行ったとことがあったという。

「握手会人気の高い人気バンドの『ゴールデンボンバー』です。2014年のシングル『ローラの傷だらけ』は、“音楽性に特化すること”を追求して、あえて握手券など特典を全て排除してリリースされました。すると、前作の『101回目の呪い』の約15.8万枚から、約4.3万枚に急落。メンバーの鬼龍院翔は、自分たちの音楽は特典に勝てないと断定したうえで、『握手券付きの無音CD』を売れば、4.3万枚以上を上回ると結論づけていました」(前出・音楽ライター)

「ミリオン作品」をひっさげて、レコード大賞やNHK紅白に出演してきた“国民的アイドルグループ”も、「Withコロナ」では新曲は全て「配信オンリー」となるかもしれない。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/05/26 06:30

乃木坂46が握手会を中止! 特典なしCD発売なら“国民的アイドル”の座は剥奪に⁉のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

『半沢歌舞伎』これにて終幕!

第2シーズンも大ヒットとなったドラマ『半沢直樹』。最終回から“ロス”が止まらない!?
写真
人気連載

「セカンドの7番」論と“ダウンタウン病”

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

『踊る大捜査線』亀山Pが映画電撃復帰!

 興収101,5億円を記録した映画『踊る大捜査線 THE MOVIE』(98)、...
写真