日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 宝塚『風と共に去りぬ』中止?

宝塚の名作『風と共に去りぬ』が公演中止に!? ミネアポリス黒人暴行死事件が海を越えて問題に

文=日刊サイゾー

天海祐希

 米国ミネアポリス(ミネソタ州)で白人警官が黒人男性を押さえつけて死亡させた事件をきっかけに、全米で抗議デモが発生している。抗議の輪は世界中に広がり、同地から遠く離れた宝塚歌劇団にも、その影響が及びそうな勢いだ。

 5月25日に発生した黒人男性ジョージ・フロイドさんの暴行死事件。怒りの声が全世界から上がる中、各方面で人種差別に対する検証作業が行われている。“奴隷制を生んだ人物”としてコロンブス像が次々と破壊され、グラミー賞受賞バンドのレディ・アンテベラムは、「アンテベラム=南北戦争以前」という単語が不適切だとして、バンド名を変更。ビートルズの名曲『ペニー・レイン』に対しても、“奴隷商人の名前から取った”として、批判が寄せられている。

 そして、具体的な対処を迫られたのが、名作『風と共に去りぬ』だ。マーガレット・ミッチェルが書いた同作は南北戦争が舞台の物語で、1939年公開の映画はアカデミー賞で主要な賞を独占。日本でも人気の作品だが、米の配信大手HBOマックスが内容を問題視し、一時配信を停止したのだ(その後、注釈付きで配信を再開)。演劇界に詳しいフリーライターがいう。

「『風と共に去りぬ』は、日本でもこれまで数え切れないほど舞台化されてきましたが、中でも有名なのが宝塚版の『風共』です。これまで天海祐希、真矢みき、鳳蘭など、そうそうたるスターたちが出演し、宝塚の演目の中でも『ベルサイユのばら』や『エリザベート』に並ぶ超人気作品。宝塚100周年の際にも、満を持して再演されました。

 ただ、作中には黒塗りした黒人役の俳優が、物語のカギを握る人物として登場するので、今後舞台化できるかどうか……。今回配信停止騒動が起きたことで、作品に色がついてしまったので、再演して悪目立ちするのは避けたいでしょうが、封印せざるを得ないとしたら、劇団としては痛すぎるでしょうね」

 過剰な反応にも思えるが、“創作だから”“当時はそういう世の中だったから”という理屈は、もはや通用しなくなりつつあるということ。ファンタジーの世界で生きる宝塚も、世間の風とは無関係ではいられない。

「日本演劇界最強の集客能力を誇る宝塚ですが、皇帝や貴族、公家や武士などが題材となる作品が多く、身分差別については少々鈍感な印象は否めません。“白人の主人に仕える黒人”が出てくるような作品も多いですし、そういった人物の台詞回しが『オラが……』『……ですだ』など、無学を強調するようなパターンも多い。宝塚は基本的に政治的なメッセージとは無縁ですが、しばしば登場する“黒塗り”を含め、あるべき姿を考える時期に来ているのかもしれません」(同)

 夢から現実に引き戻されるような話を宝塚ファンは望んでいないだろうが、注釈だらけの作品になっては興醒めである。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/06/16 22:00

宝塚の名作『風と共に去りぬ』が公演中止に!? ミネアポリス黒人暴行死事件が海を越えて問題にのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

『鬼滅の刃』はジブリ超え大ヒットになるか?

アニメ映画『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』の興収が公開10日間で100億円突破で『千と千尋の神隠し』超え!?
写真
人気連載

『ザ・バンド かつて僕らは兄弟だった』レビュー

「この映画は大音量で上映すべし」  ...…
写真
インタビュー

ブレイク間近、アインシュタイン登場

 関西ではすでに和牛やアキナと並び、抜群の人気を誇るアインシュタイン。そして現在、ボ...
写真