日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  >  鈴木杏樹、ヅカファンも怒らせる

あの一言が余計だった!? 鈴木杏樹、不倫相手のタカラジェンヌ妻とヅカファンを怒らせ前途多難に

文=日刊サイゾー

鈴木杏樹 – JAPAN MUSIC ENTERTAINMENT公式サイトより

 不祥事が相次ぐ芸能界に、新たな不倫騒動が持ち上がった。報じられたのは、女優の鈴木杏樹と劇団新派の俳優・喜多村緑郎の2人。喜多村の妻は元宝塚宙組のトップスターの貴城けいで、宝塚ファンは怒りが収まらない様子だ。

 清純イメージの強い鈴木だが、「週刊文春」(文藝春秋)で報じられたラブラブぶりは衝撃的だった。2人は海岸で堂々とキスを交わし、その後は庶民的なラブホテルにチェックイン。状況は真っ黒なだけに、双方とも早々に不倫の事実を認める事態となった。鈴木は2013年に夫と死別しているが、喜多村はれっきとした妻帯者。しかも妻は元タカラジェンヌだ。夫を寝取られた貴城は、いったいどんな人物なのか。宝塚に詳しい女性芸能誌記者がいう。

「貴城さんは、『かしげ』という愛称で親しまれた男役のタカラジェンヌでした。中学卒業とともに宝塚音楽学校に入学した“かしげ”さんは、早くから日の当たる場所を歩み、期待通りトップスターにまで上り詰めています。トップスターになる方は、歌が得意な人、ダンスが武器の人、演技がうまい人など、いろいろなタイプがいますが、貴城さんは一言で言えば“とにかく華がある人”。170センチの長身に加え、目鼻立ちも非常にハッキリしていて、まさに宝塚に入るために生まれてきたようなタイプ。甘いルックスは歴代でもトップクラスでした」

 美女ぞろいの宝塚でも、その美貌は際立っていたという貴城。週刊誌の直撃に、貴城は「許せない」「人生を返してほしい」と語ったが、返してほしいのはそれだけではなさそうだ。演劇関係者は言う。

「貴城は2013年に舞台で共演した喜多村と結婚しましたが、彼女の実家はクリーニングチェーンを経営する裕福な家で、夫の舞台のチケットさばきにかなり協力していたようです。また、舞台関係者の間では、身内や親族がチケット売り上げに協力するのは当たり前ですが、18年に喜多村が自主公演を行った際には、貴城も舞台に出演し、貴城のファンを動員させている。いわば、喜多村は嫁に頼りきった“ヒモ亭主”といった立場でした」

 美しい妻がいるだけでも幸せなのに、金銭的援助まで受けていたとなれば、まさに“女の敵”。宝塚ファンの憧れの存在であるタカラジェンヌが夫を寝取られたとなれば、“ヅカファン”は黙っていない。前出の女性芸能誌記者はいう。

12

あの一言が余計だった!? 鈴木杏樹、不倫相手のタカラジェンヌ妻とヅカファンを怒らせ前途多難にのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

「サイゾー筋トレ部」始動!

腹筋インストラクター・腹筋王子カツオさんが、自宅でできる簡単筋トレを紹介!
写真
人気連載

セクハラ&パワハラ事件が映画化

 忠誠心を見せろ。全米最大のニュース専門チャ...…
写真
インタビュー

岩井ジョニ男インタビュー!

 いま「おじさん」は、かつてないほど苦境に立たされている。ズレた発言、ズレたLINE...
写真