日刊サイゾー トップ > 芸能  > チャンミンの文才にゴーストライターも落涙

東方神起チャンミン、結婚! リリカルすぎる“直筆コメント”に感動の嵐——「彼は非凡な文才を持っている」とゴーストライターも落涙

文=日刊サイゾー

東方神起チャンミン、結婚! リリカルすぎる直筆コメントに感動の嵐——「彼は非凡な文才を持っている」とゴーストライターも落涙の画像1
チャンミン公式Instagramより

 東方神起のチャンミンが6月12日、一般女性との結婚を報告した。ファンクラブ上に直筆コメントを発表したチャンミンだが、なんと、日本のファンに向けても、日本語で綴った直筆コメントを掲載してくれたのだ。その誠実かつ美しい文章は日本のファンの心もわし掴みにし、SNSでは「素晴らしい文才」「全アイドルがチャンミンを見習うべき」と大絶賛されている。

東方神起チャンミン、結婚! リリカルすぎる直筆コメントに感動の嵐——「彼は非凡な文才を持っている」とゴーストライターも落涙の画像2
「中央日報日本語版」2020年6月12日記事より。画像は韓国語版の直筆メッセージだ。

 チャンミンが「日本のファンのみなさんへ」と題して日本語で書いた文章は諸事情によりここには掲載できない(SNSなどで検索されたし)が、一生懸命、時間をかけて丁寧に書いたであろう筆跡はもちろんのこと、チャンミンの誠実な人柄が滲む真摯な内容だった。

 ゴーストライターとして数々の書籍の執筆経験があるA氏も、「チャンミンさんの突出した文章力と豊かな感性には、脱帽です」と心を打たれた様子で、こう語る。

「チャンミンさんは人気アイドルですから、突然の結婚発表には、多くのファンがショックを受けたはず。ですが、結果的に結婚の発表をポジティブに受け止め、祝福するファンが多かったのは、チャンミンさんの人柄はもちろん、彼の文章がそれだけ素晴らしいものだったからでしょう」

 では、チャンミンの日本語の文章を引用しながら、その内容を詳しく解説してもらおう。

「一般的に、タレントの結婚報告は、結婚の事実とファンへの感謝を淡々と述べるアッサリしたものになりがちです。ですが、チャンミンさんのメッセージは、そんな当たり障りのないテンプレ的文章とは一線を画していました。
 まず、チャンミンさんは、冒頭から『一文字一文字、書いているいまもとても緊張してます』と自身の心境に触れつつ、『ファンの皆さんに寂しい気持ちやおどろきを感じさせてしまうようでとても慎重であり、申し訳ない気持ちです』と、ファンのことを思うがゆえの葛藤やためらいについて正直に明かしています。その上で、『みなさんには僕の事について他の方からつたわるのではなく自分から直接みなさんへお伝えすることが筋を通すことだと思いました』と、公表に至った経緯も丁寧に述べています。つまり、書き出しから、ファンに対する誠意がハッキリと表れているのです。とくに東方神起のファンではない私としても、チャンミンさんとファンの間にある強い信頼関係を思い、一読者として涙を禁じ得ませんでした」(ゴーストライターA氏)

 チャンミンの真面目で純粋な人となりは説明するまでもないが、その優れた文章力にも着目したい。

「文章の中盤で、チャンミンさんは『ユンホ兄と僕、そしてファンの皆さんがこの先の東方神起がどうなるか分からない不安な時期もありましたが』と、東方神起の分裂や活動休止など、触れづらいグループの過去についても自ら言及しています。その上で、『ファンの皆さんが東方神起を守ってくださり、大きな愛をくださったお陰でここまで成長できました。本当にありがとうございます』と、感謝を表明する流れになっているのです。これまでの道のりを振り返っているため、チャンミンさんや東方神起を長年応援し続けているファンがこれを読むと、彼らと共に歩んできた自分の半生にも想いを馳せずにはいられない。ファンの心に訴えかける、かなり高度な叙述になっているのです。そんな文章を衒いなく綴ったチャンミンさんには、非凡な文才を感じずにはいられません」(同)

 さらに、チャンミンの優れた感性や表現力についても、賛辞の言葉を惜しまない。

「結びの部分には、『夏のような暑さが続くこのごろですが、世の中のいろんなことが冷え込んだままです。どうかお体にはお気をつけてお過ごしください』という、とても印象的な一文がありました。今現在、世界中が直面している新型コロナウイルスの脅威について言及し、さらにファンの健康を気遣っているわけですが、コロナ禍をこれほどまでリリカルに表現した一文が、他にあるでしょうか。いや、ないでしょう」(同)

 チャンミンの文章は、多くの人々の琴線に触れる、珠玉の“名文”であったことに間違いはないようだ。

 実を言うと、チャンミンは読書家としても有名だ。インスタグラムでは、本の写真に感想コメントをつけて紹介するという投稿を続けており、エッセイ、小説、ビジネス、社会学関係……と、多岐にわたるジャンルの教養を身につけていることが垣間見える。チャンミンのインスタをきっかけに、イ・ギジュ氏のエッセイ『言葉の品格』が韓国でベストセラーになり、2018年に日本語訳版が発売されたこともあった。チャンミンの文章力は、日々の読書によって研鑽されたものだったのだろう。

 結婚という人生の門出を迎えたチャンミン。東方神起としていっそう活躍してくれることだけでなく、チャンミンの作家デビューにも期待がかかる。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/06/17 21:56

東方神起チャンミン、結婚! リリカルすぎる“直筆コメント”に感動の嵐——「彼は非凡な文才を持っている」とゴーストライターも落涙のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

『鬼滅の刃』はジブリ超え大ヒットになるか?

アニメ映画『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』の興収が公開10日間で100億円突破で『千と千尋の神隠し』超え!?
写真
人気連載

『ザ・バンド かつて僕らは兄弟だった』レビュー

「この映画は大音量で上映すべし」  ...…
写真
インタビュー

『i 新聞記者』森達也がぶっちゃけ

 国境なき記者団が発表する世界180カ国・地域を対象とした「報道の自由度ランキング」...
写真