日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > 週刊誌スクープ大賞  > 小池都知事「出馬断念」もある!?
週刊誌スクープ大賞

小池都知事と同居男に不可解なカネの流れが浮上で、突然の「出馬断念」もある!?

文=元木昌彦(もとき・まさひこ)

「週刊文春」(文藝春秋)2020年6月18日号より

今週の注目記事・第1位「佐々木希、逆上、渡部建『テイクアウト不倫』」(『週刊文春』6/18号)

同・第2位「経産省<最高幹部>と<幽霊法人>電通社員テキサス<癒着>旅行」(『週刊文春』6/18号)

同・第3位「ウソの女帝東京都・小池百合子知事と同居男『疑惑の錬金術』」(『週刊文春』6/18号)「『小池百合子』女城主の『履歴書・請求書』」(『週刊新潮』6/18号)「小池百合子の『卒業証書』を現物公開する!――学歴詐称問題の最大の証拠」(『週刊ポスト』6/26号)

同・第4位「清原和博が二人の息子&亜希さんと一家団らん夕食会――執行猶予開けに復縁も」(『フライデー』6/26号)

同・第5位「自民党議員に税金から『200万円』が配られていた!」(『週刊ポスト』6/26号)

同・第6位「200兆円 コロナ予算に群がった『シロアリ泥棒たち』の実名」(『週刊ポスト』6/26号)

同・第7位「ボーナス激減に備えよ!」(『サンデー毎日』6/28号)

同・第8位「大坪不倫審議官がまさかの大出世」(『週刊文春』6/18号)

同・第9位「拳銃自殺『高1少年』名品スミス&ウェッソンの入手ルート」(『週刊新潮』6/18号)

同・第10位「宝塚ボーガン4人殺傷犯<美魔女>母への憤怒」(『週刊文春』6/18号)

同・第11位「横田滋さん酒を飲んで泣いた夜」(『週刊文春』6/18号)「横田滋さん愛娘の面影を重ねたヘギョンちゃんの今」(『週刊新潮』6/18号)

同・第12位「銀座老舗グレママが吐露する『店を乗っ取られた』」(『週刊新潮』6/18号)

同・第13位「自粛要請政府は知らない、キャバレーはもう日本に一軒だけ」(『週刊文春』6/18号)

同・第14位「巨人『坂本勇人』に囁かれる『疑惑のキャバクラ遊び』」(『週刊新潮』6/18号)

同・第15位「人生は『ジョージ秋山』の『浮浪雲』で学んだ」(『週刊新潮』6/18号)

【巻末付録】ポストのSEXYグラビア採点!

 今週は現代が合併号でお休み。だが、文春の超ド級の不倫スクープで、世の中は大騒ぎだ。

 まずは新潮のジョージ秋山の死去から。

漫画家のジョージ秋山が亡くなった。享年77。「浮浪雲」が有名だが、私には「アシュラ」が一番印象に残っている。当時少年マガジン編集長だった内田勝がモデルだった。

 内田が月刊現代の編集長で来た時、そのことを聞いたら、嬉しそうに「そうなんだよ」と、アシュラよりやや柔和な顔で話してくれた。

「浮浪雲」は漫画誌に44年も連載され、全112巻。私が30歳の時か。私も長く生きてしまった。

 そういえば、週刊現代編集長が石井克尚に交代するそうだ。石井はオールマイティな編集者だから、期待するところ大だが、月3回刊と老人健康雑誌はやめてほしいな。

 さて、プロ野球が19日(金曜日)に無観客で開幕するといわれている矢先、巨人の坂本勇人と大城卓三が陽性と判定され、開幕延期かと思われたが、再検査で2人とも陰性になり、ホッと一息か。

 だが新潮は、日本野球機構が12球団の選手全員にPCR検査を実施する方針を固めたが、今後の検査で感染者が続出すれば、19日の開幕は難しくなるのではないかと報じている。

 どうしてもっと早くやらなかったのだろう。安倍政権のやり方を真似たのかな。

 そういえば、日本にキャバレーというのがほとんどなくなって、今残っているのは熊本県八代市にある「白馬」だけだということを知ってた?

 コロナ自粛で、「キャバレーなどの接待を伴う飲食店については、感染防止策をさらに検討し」と、政府がいっているのは、古いジジイばかりだから、キャバレーという言葉が死語だというのに気付かないのだと、文春が報じている。

 キャバレーか、懐かしいね。昔新宿に「クインビー」という安キャバレーチェーンがあったな。アルバイトの女子大生と知り合って、その後、彼女のアパートへ行って飲み直したことがあった。

 高齢者向けに、キャバレーを復活させて、1時間5000円ぽっきりってやれば、結構はやると思うよ。

 銀座に「グレ」という高級クラブがあった。私も渡辺淳一たちと時々顔を出した。開店は1976年。光安久美子という伝説的な美人ママがいた。チーママをやっていた山口さゆりが引き継いだのが2008年頃だという。

 新潮によると、その店が色々な経緯があり、経理をやっていた女性に乗っ取られ、山口は追い出されてしまったというのである。山口は民事訴訟に持ち込むというが、傷ついた看板は元には戻らないだろう。まあ、今のオレには銀座なんて札幌より遠いいから関係ないけどね。

12345

小池都知事と同居男に不可解なカネの流れが浮上で、突然の「出馬断念」もある!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

新型コロナ第2波で芸能界も大混乱

新型コロナ第2波で芸能人も続々と感染…
写真
人気連載

【ネットフリックス】アメリカの人種差別

「時代を代弁する”俺たちの”コメディアンの登...…
写真
インタビュー

『カニバ』佐川一政の実弟が激白

 事件は1981年6月11日に起きた。パリに留学中だった佐川一政は、好意を抱いて...
写真